入国者待機の宿泊施設 岸田首相が大阪知事に提供要請

産経ニュース
大阪府の吉村洋文知事=府庁
大阪府の吉村洋文知事=府庁

大阪府の吉村洋文知事は8日、新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」の水際対策で、空港検疫で陰性が確認された入国者の待機場所として、府が確保する宿泊療養施設を国に提供する方針を示した。年末の帰国ラッシュを警戒する岸田文雄首相から協力の依頼があったと記者団に明かし、「国を挙げてオミクロン株の流入を防止するのは重要だ。全面的に協力する」と述べた。

政府はオミクロン株の水際対策として、入国者は陰性が確認された場合も国や地域によって3~10日間、指定する宿泊施設での待機を求めている。

吉村氏によると、首相から8日午後に電話があり、「施設が足りなくなってきている。水際で食い止めるのが大事なので、協力をお願いしたい」という趣旨の要請を受けた。

府が確保する宿泊療養施設約8500室のうち、運用を休止している千室を12日から使えるようにする。状況に応じて追加分を提供する予定。吉村氏は「関西国際空港を擁する府の責任としても、できるだけ水際で抑えたい」と強調した。

  1. 1年間に売れた韓国車は1台!?日本車シェアほぼ100% 知られざる親日国パキスタンの素顔

  2. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  3. 猛烈なかゆみ、網戸すり抜ける「スケベ虫」被害増加

  4. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  5. あすの「ちむどんどん」6月28日OA第57話あらすじ 暢子(黒島結菜)に智(前田公輝)がアプローチ、和彦(宮沢氷魚)は…