「カムカムエヴリバディ」に庭師の村雨辰剛登場 前日登場のよしお兄さんに絡め「ブンバ・ボーン!で筋肉体操」と盛り上がる

iza
(左から)雉真安子(上白石萌音)、将校(村雨辰剛)/NHK提供
(左から)雉真安子(上白石萌音)、将校(村雨辰剛)/NHK提供

NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」(NHK総合など)の第27話が7日、放送され、進駐軍の将校役で出演した村雨辰剛に視聴者の注目が集まった。

同作は昭和、平成、令和を通じ、京都、岡山、大阪を舞台に、ラジオ英語講座とともに歩んだ親子3世代の100年間を追い、恋に仕事に不器用ながらも自分らしく生きる姿をリレー形式で描くオリジナル作品。1人目のヒロインは、日本でラジオ放送が始まった1925(大正14)年3月22日、岡山にある和菓子屋「たちばな」で生まれた雉真安子(上白石萌音)だ。

娘・るい(中野翠咲)と2人きりの大阪での生活を終え、嫁ぎ先である岡山の雉真家に戻った安子は、事故で額に傷を負ったるいの治療費を稼ぐため、るいの世話を女中の雪衣(岡田結実)に任せ、1つでも多くのおはぎを売ろうと奔走していた。村雨は、それに続くラストシーンに進駐軍の将校役で登場。花を買おうと、花屋のおばさんに英語で話しかけるも言葉が通じず、何か咎められていると勘違いした花屋のおばさんにしきりに謝られて閉口する演技を見せた。そこに安子が通りかかり、「May I help you?」(何かお困りですか?)と英語で声をかけるところで、この日の放送は締めくくられた。

村雨は、スウェーデン出身で2015年に日本に帰化した庭師。筋トレや肉体改造が趣味で、タレントとしてテレビドラマやバラエティー番組にも出演しており、同局総合で放送された体操番組「みんなで筋肉体操」のアシスタントの1人として記憶している視聴者も多いようだ。

ドラマでは全身軍服に身を包んだ姿だったため、ツイッターでは「あの外人さんは筋肉体操の庭師さんだったんかー!!!気づかなかった!」と驚く声も見られ、なかには「いつかカムカム内で筋肉見せてくれますかねぇ?」と期待するユーザーもいた。

朝ドラに続いて放送された情報番組「あさイチ」(月~金 午前8・15)の“朝ドラ受け”でも、番組MCの博多大吉が「意外と着痩せするタイプなんだな。もっとムキムキだからさ」と話し、相方の華丸が「現実に戻さないでくださいよ」と突っ込んで、スタジオに笑いが起こった。

本職が庭師であることから、「英語で話しかけてるのが『花屋さんのおばちゃん』いうあたりの演出も細かい。もしやこの将校さんも日本に帰化して、後に『ラジオで趣味の園芸』という番組持つんじゃ?」と妄想を膨らませた書き込みも。

6日には、同局Eテレの「おかあさんといっしょ」で体操のお兄さんとして、05年から歴代最長の14年間にわたって親しまれた小林よしひさが安子の幼なじみ・水田きぬ(小野花梨)の夫の力役で出演したことも話題になった。これに絡めて、「よしおにいさんといい、村雨辰剛さんといい、今作の筋肉推しがすごい」「これはもう、ブンバ・ボーン!(『おかあさんといっしょ』で使われている体操の歌)で筋肉体操するしかない流れ」と盛り上がるコメントも見受けられた。

また、過去の放送で日本軍の軍人・神田猛役で出演したタレントの武井壮を引き合いに出し、「キャスティング担当に筋肉フェチの方が居るんだろうか」「これはムキムキエブリバディ」と面白がるつぶやきもあった。

  1. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  2. 「カムカムエヴリバディ」堀部圭亮演じる「吉右衛門ちゃん」登場 父子の1人2役に「パパそっくり」「けちえもんに…!」と視聴者大喜び

  3. きっかけはウエディングドレス 入籍1カ月半の元教諭はなぜ新妻を殺害したのか

  4. 「カムカムエヴリバディ」第14週で安子編の伏線回収? 話題の予告動画、ジョーの衣装に「ノッポさん」の声も

  5. どうやって撮影したのか?共通テスト問題流出事件 ITジャーナリストの三上洋氏「スマホのみ使用の可能性が高い」「発信者特定は時間の問題」