柴咲コウ、「マトリックス」のキアヌ・リーブスとリモートで対面「胸がいっぱいです」

サンスポ
米映画「マトリックス レザレクションズ」のプレミアイベントに出席した左から柴咲コウ、キアヌ・リーブス、キャリー=アン・モス、Hiro=東京・銀座
米映画「マトリックス レザレクションズ」のプレミアイベントに出席した左から柴咲コウ、キアヌ・リーブス、キャリー=アン・モス、Hiro=東京・銀座

女優、柴咲コウ(40)が7日、東京都内で行われた米映画「マトリックス レザレクションズ」(17日公開)のプレミアイベントに出席し、日本語吹き替え版で声優を務めると発表した。

イベントには主演のキアヌ・リーブス(57)と共演のキャリー=アン・モス(54)が米ロサンゼルスからリモート出演。柴咲は2013年公開の米映画「47RONIN」で主演のキアヌと共演し、ハリウッドデビューを果たした。

柴咲はキアヌがスクリーンに登場すると「キアヌ~」と手を振り、「胸がいっぱいです」と感激。一方のキアヌは「コウ!」と親しみを込めて呼びかけ「本当はハグをしたり、直接会って『こんにちは』を言いたいけど、再会できてうれしい」と喜んでいた。

柴咲は共演した際のキアヌの印象を「素直で真っすぐでピュアな方」と説明。さらに、「緊張の中で撮影しましたが、日本語で『これからよろしくお願いします』などと書かれた手紙をいただいた。お忙しいのに日本語を練習して書いてくれて、非常に感動しました」と振り返った。

同作は仮想世界(マトリックス)に支配された現実世界を舞台にしたアクション大作のシリーズ第4弾。2003年公開の前作から18年ぶりの新作となる。キアヌは「マトリックス」シリーズに「自分にとっても特別な作品」と愛着を込め、キャリーも「私のプロとしての仕事の中で、多くの人を感動させる一番すごい作品」とアピールした。

この日は日本版インスパイアソング「PARADOX」を担当したMY FIRST STORYのボーカル、Hiro(27)も登壇。明るいトークで盛り上げたキアヌに「役とのギャップがあって、すごい好きになりました」と魅了されていた。

  1. 中国に「大変失望した」 WHOテドロス事務局長が表明

  2. 【断末魔の中国】習氏焦燥…コロナさらに蔓延で北京五輪開催危機 ジェノサイド・軍事威嚇で〝世界に友人居ない〟中国 新幹線で「共同貧乏」党幹部は戦々恐々

  3. 朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第13週あらすじ&振り返り ジョーの言葉にショックを受けたるい、真実を知り…

  4. キムタクだけマスク着用の集合写真に「これが有名人が伝えるべきメッセージ」「好感度爆上がり」と称賛の嵐

  5. オミクロンでパンデミック終了か、海外では感染者数が1カ月で頭打ち 専門家「次の変異株を経て『5番目のかぜ』になる可能性も」