選手会、日本ハム「ノンテンダー」案件“問題視” 森事務局長「選手と球団の発表内容ずいぶん違う」

zakzak
稲葉GM(写真)のコメントと大田の経緯説明には矛盾が…
稲葉GM(写真)のコメントと大田の経緯説明には矛盾が…
その他の写真を見る (1/2枚)

労働組合・プロ野球選手会は6日、日本ハムが先月発表した西川遥輝外野手(29)、大田泰示外野手(31)、秋吉亮投手(32)の「ノンテンダー」案件について問題視。球団が発表した経緯にウソがあるとの見方を強めている。

日本ハムは先月16日、就任したばかりの稲葉篤紀GM(49)のコメントとして、「3選手と来季以降のプレー環境について協議した結果、選手が取得した権利を尊重し、ノンテンダーとすることを選択した。選手にとって制約のない状態で、海外を含めた移籍先を選択できることが重要と考えた結果だ。ファイターズとの再契約の可能性を閉ざすものではない」などと意図を説明していた。

だがこの日、選手会の森事務局長は「『ノンテンダー』という言葉で繕っているが、要はただの自由契約。メジャーのノンテンダーはFA権を持たない高額年俸の選手の処遇を考えた制度でしょう」とズバリ指摘。当該選手からの聞き取りと、球団の発表内容には「ずいぶんと違いがある」と疑惑の目を向けた。

事実、大田は先月末に出演したラジオ番組で、球団からは公式発表の当日に保留手続きを行わないと通達されたと告白。稲葉GMの「プレー環境について協議した結果」というコメントとは食い違っている。

また、5日の新入団発表ではドラフト2位の有薗直輝内野手(18)=千葉学芸高=に、秋吉が今季着けていた背番号「39」が与えられた。「再契約の可能性を閉ざすものではない」はずが、戻らない前提で物事がどんどん進んでいるようにも映る。


  1. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  2. キムタクだけマスク着用の集合写真に「これが有名人が伝えるべきメッセージ」「好感度爆上がり」と称賛の嵐

  3. オミクロンでパンデミック終了か、海外では感染者数が1カ月で頭打ち 専門家「次の変異株を経て『5番目のかぜ』になる可能性も」

  4. 朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第13週あらすじ&振り返り ジョーの言葉にショックを受けたるい、真実を知り…

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」