東京ガスが5年ぶり4強 守護神・臼井浩が5回1失点でENEOSを振り切る

サンスポ
ENEOSに勝利し、タッチを交わす東京ガスナイン=東京ドーム
ENEOSに勝利し、タッチを交わす東京ガスナイン=東京ドーム

都市対抗野球大会準々決勝(東京ガス4-3ENEOS、7日、東京D)初優勝をめざす東京ガスは、五回からロングリリーフした〝守護神〟の右腕・臼井浩(いさむ)投手(27)が5回をソロ本塁打の1安打1失点に抑え、最多11度の優勝を誇るENEOSを振り切り、2016年以来の4強入りを決めた。

「チームが勝ち越した後で、投げ切るだけだった。六回にソロ(本塁打)を打たれたけど、『もう1点ある』と強気に攻められた。うしろ(抑え)は何回やっても慣れないけど、やってきたことを出すだけ」と臼井は息をついた。

2点を追う四回無死一塁で、3番・小野田俊介外野手(29)が左越え2ランを放ち同点。その後の1死満塁で8番・馬場龍星捕手(23)が押し出し四球、さらに9番・北本一樹内野手(23)の右犠飛で2点を勝ち越した。東京都の予選からクローザーを担う〝守護神〟臼井がリードを死守した。

  1. あすの「カムカムエヴリバディ」1月27日第61話あらすじ ジョーと結婚したるい、京都で回転焼き屋をオープン

  2. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  3. あすの「カムカムエヴリバディ」1月28日第62話あらすじ 回転焼きの評判は上々も何もできないジョー、ある日るいが倒れ…

  4. Eカップ小島みゆ、変形ビキニで浜辺を歩く 「妹役という設定で演技に初めて挑戦しました」

  5. 「カムカムエヴリバディ」堀部圭亮演じる「吉右衛門ちゃん」登場 父子の1人2役に「パパそっくり」「けちえもんに…!」と視聴者大喜び