DeNA・山崎康晃は残留へ 今季取得の国内FA権行使せず

サンスポ
DeNA・山崎康晃
DeNA・山崎康晃

DeNAは7日、山崎康晃投手(29)が、今季取得した国内フリーエージェント(FA)権を行使しないことが決まったと発表した。今後、詳細な契約を結び残留するとみられる。

山崎は1年目の2015年から守護神を務め、プロ野球新人記録の37セーブを挙げて新人王。18、19年には連続で最多セーブに輝いた。昨季は自己ワーストの防御率5・68の大不振。今季はキャンプ2軍スタートから再出発し、セットアッパーから守護神の座に返り咲いた。終盤に2軍落ちも経験したが、60試合に登板し3勝2敗1セーブ27ホールド、防御率3・27。通算では403試合で170セーブを挙げている。

プレーのみならず、ファンサービスにも積極的に取り組み、選手たちの舞台裏の写真を撮影してSNSにアップし「広報部長」と呼ばれるなど、チームに大きく貢献してきた。