「鬼滅の刃」初回特別放送、視聴率9・2%

サンスポ
『「鬼滅の刃」遊郭編』(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
『「鬼滅の刃」遊郭編』(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
その他の写真を見る (1/1枚)

5日にスタートしたフジテレビ系アニメ「『鬼滅の刃』遊郭編」(日曜後11・15)の初回の世帯平均視聴率が関東地区で9・2%(速報値)だったことが6日、ビデオリサーチの調べで分かった。個人は5・3%だった。

初回は1時間の特別放送。新シリーズに先駆け、劇場版でも空前のブームとなり、10月10日にスタートしたテレビアニメ「無限列車編」の初回10・0%には届かなかったが、前週に放送された同編最終回の世帯平均6・5%から2・7ポイントも上昇する高視聴率を記録した。

「遊郭編」は、無限列車での任務を終えた主人公の炭治郎たちが、音柱・宇髄天元とともに次の任務地、遊郭へ向かう物語。主題歌は歌手のAimer(エメ、30)が務め、オープニングで「残響散歌」、エンディングで「朝が来る」を歌う。初回放送が始まると「鬼滅の刃」がツイッターの世界トレンド1位に入り、変わらない注目の高さを証明した。