19歳紅林が4倍増 高校出2年目で正遊撃手

産経ニュース

オリックスの紅林弘太郎内野手が6日、大阪市内の球団施設で契約交渉し、2160万円増の年俸2880万円で更改した。静岡・駿河総合高からドラフト2位入団して2年目の今季、遊撃のレギュラーをつかんで25年ぶりのリーグ優勝に貢献。「とてもいい評価をしてもらった。こんなにもらえるとは思わなかった」と笑顔を見せた。

19歳の逸材は出場136試合で打率2割2分8厘ながら10本塁打、48打点。強肩を生かした守備でも成長を示し、日本シリーズも奮闘した。2年連続最下位から巻き返した新生オリックスの象徴となったが「力のなさを痛感した」と満足していない。向上を誓った成績の中でも、二つに終わった盗塁数で2桁を狙う意欲を示し「2倍、3倍とレベルアップした姿を見せたい」と勇ましかった。(金額は推定)