スピードスケート五輪選考会は29~31日 変異株影響で開幕遅らせて実施

産経ニュース
高木美帆選手(USAトゥデー・ロイター=共同)
高木美帆選手(USAトゥデー・ロイター=共同)

日本スケート連盟は6日、スピードスケートの北京五輪代表選考会の開幕を予定から2日延期し、会期を1日短縮して12月29~31日に実施すると発表した。新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」拡大に伴う水際対策強化で、当初日程の27~30日では海外遠征中の高木美帆(日体大職)小平奈緒(相沢病院)ら有力選手が出場できないレースが生じるため。会場は長野市のエムウェーブで変わらない。

政府は五輪が2カ月後に迫る事情を考慮し、代表候補選手は帰国後14日間の待機期間でも「厳格な行動管理」や2日に1度のPCR検査などを条件に練習を認めると明らかにした。試合は外部との接触が生じるため、12月半ばにカナダから帰国予定の選手は一部のレースに参加できなくなる状況だった。