フジ「2021FNS歌謡祭 第2夜」に平手友梨奈出演!ビリー・アイリッシュの名曲を圧巻パフォーマンス

iza
左から平手友梨奈、ビリー・アイリッシュ (C)フジテレビ
左から平手友梨奈、ビリー・アイリッシュ (C)フジテレビ

嵐の相葉雅紀とフジテレビの永島優美アナウンサーが司会を務める「2021FNS歌謡祭 第2夜」(8日放送)に、元欅坂46の平手友梨奈が出演することが6日、同局から発表された。平手は今回、米国のシンガーソング・ライター、ビリー・アイリッシュの「No Time To Die」をパフォーマンスする。

過去の「FNS歌謡祭」でも、圧巻の存在感で鮮烈な印象を残してきた平手。「No Time To Die」は、今年10月に日本でも公開された映画「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」の主題歌で、英国のシングル・チャートで1位を獲得した。ビリーにとっても初めて英国シングル・チャートで1位になった楽曲で、世界的にも注目度の高いナンバーだ。

曲が流れている間も“静寂“が感じられるほどしっとり、ゆっくり歌う前半から、重厚なオーケストレーションになだれ込むという構成で、ドラマティックな展開をみせるこのナンバーを、平手がどう表現するのかに注目が集まる。楽曲は、主人公のジェームズ・ボンドが直面する“生と死”を描いており、このテーマを平手が再解釈したという。

ビリーは2001年生まれ、15年にデビュー曲「Ocean Eyes」を発表し、一躍注目を集めた。一方の平手も01年生まれで、15年にアイドルグループ、欅坂46の第1期メンバーに選ばれ、グループを牽引した。同じ年に生まれ、同じ時期にスターダムへと駆け上がった2人。今回、「No Time To Die」という楽曲を平手がダンスパフォーマンスするという形で、表現を交わらせることになる。



  1. あすの「カムカムエヴリバディ」1月21日第57話あらすじ 奈々との“噂”に不安を募らせるるい、そこに突然ジョーが現れ…

  2. キムタクだけマスク着用の集合写真に「これが有名人が伝えるべきメッセージ」「好感度爆上がり」と称賛の嵐

  3. オミクロンでパンデミック終了か、海外では感染者数が1カ月で頭打ち 専門家「次の変異株を経て『5番目のかぜ』になる可能性も」

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 「カムカムエヴリバディ」第13週予告で大吉の「油断ならない脚本家」的中? 「ほっとした」「未来明るそう」