奈良小1女児殺害・父親講演詳報㊦

もし叶うなら「ぎゅっと抱きしめたい」今もそばに

産経ニュース
ハンカチを顔に押しあてる有山楓ちゃんの通夜の参列者=平成16年11月19日、奈良市
ハンカチを顔に押しあてる有山楓ちゃんの通夜の参列者=平成16年11月19日、奈良市

平成16年11月に誘拐、殺害された奈良市立富雄北(とみおきた)小学校1年の有山楓(ありやま・かえで)ちゃん=当時(7)=の父親(47)は奈良市内で5日に開かれた講演会で、逮捕から8年余り後に刑が執行された小林薫元死刑囚に対してすら、命が奪われることには苦悩したと明かした。7年間の短い生涯を懸命に生きたことを覚えていてほしい。愛情を込めて、そう締めくくった。主な内容は次の通り。

極刑を望むも…

初めて小林元死刑囚の姿を見たとき、本当に許せない気持ちだった。楓にしてあげられることといえば、裁判で極刑を望むことだった。

平成18年9月26日、奈良地裁で死刑判決が言い渡された。最低限の楓への報告ができたと思う。

その後、小林元死刑囚が控訴を取り下げた。刑が確定してよかったという気持ちより、身勝手な取り下げによって私たちの思いや感情が振り回された。

もうこれで何も楓にしてあげられない、というやるせなさや喪失感が大きかった。死刑が執行されても楓が戻ってくるわけではない。本当に苦しく、しんどかった。日に日に脱力感が強くなっていった。

大切な楓の命を身勝手な欲望のまま奪い、家族やまわりの人を悲しみに、恐怖におとしいれた償いは、今でも極刑でしかないと思っている。

だが、極刑を望んだ自分自身も殺人犯ではないのかという思いにもかられた。

100通りの支援を

同じ境遇にある人と接触する機会や場所がほしいと思ったことは何度かある。 事件後すぐでなくても、当事者がつながれる場があればいいと思う。

私自身、当時の警察の担当者から当事者の方を紹介してもらった。

今でもお付き合いし、事件のことだけでなく、子供や家族のこと、生活のことを話す。とても信頼して安心できる大切な存在の方だ。

犯罪被害者の支援をめぐっては全国的に支援条例が進んでいるが、被害者のニーズに届く条例にしてほしい。

100人の被害者や遺族がいれば、100人のニーズがある。

「一人っ子」と…

今でも身元確認のときの楓の表情が突然頭によぎってくる。最後の光景が浮かび、息ができなくなるくらい苦しくなることも。

言葉に出せず一番つらい思いをしていたのが楓の妹だ。自分の記憶にふたをしているところもあると思う。妹は講演の準備に一緒に参加してくれた。事件に関することは深く話すことはなかったが、今回涙を流しながらもつらい思いを打ち明けてくれた。

「兄弟姉妹はいるの?」と聞かれたときは、気持ちを押し殺して「一人っ子」と伝えているそうだ。楓と一緒にダンスを踊りたかった。おさがりの服がほしかったと話していた。犯罪被害者の子供の支援についても目を向けてほしい。

また、早く犯人をつかまえるための報道が必要とはわかるが、マスコミに対してはそっとしておいてほしいという気持ちが強い。

同じような事件は二度と起こってほしくない。

明かり一つでも防犯につながる。加害者をうませない街づくりと、防犯教室などを通じて子供の防犯意識を高めるのも重要だ。

記憶、7歳のまま

残された記憶の中の楓は7歳のままだ。20歳の楓はどんな女性だっただろう。

看護師になる夢はかなったのか。想像の中でしか楓の成長にふれられない。

楓は本当に人見知りをしない、頑張り屋で優しい娘だった。

そんな楓の夢と希望に満ちあふれた人生を一瞬で奪われてしまった。楓と最後の時間を過ごしたのが、小林元死刑囚だ。楓は車の中で色々な話をし、買い物の荷物を運び、帰りが遅くなるからと宿題をしていた。

悔しくても最後まで楓らしく生き抜いたと思う。

叶うのであればそんな楓をぎゅっと抱きしめ、ほめてあげたい。

事件から17年がたつが、楓は妹やわたしたちのそばにいる。きっと今も子供たちの見守り活動に動き回っている。楓が生きてきた7年間があることを覚えていてくれていたらうれしい。

■奈良小1女児殺害事件

平成16年11月17日、奈良市立富雄北小1年の有山楓ちゃんが下校中に行方不明となり、翌日に奈良県平群町で、遺体で見つかった。県警は同年12月、元新聞販売店員の小林薫元死刑囚を逮捕。奈良地裁が18年に死刑を言い渡した。弁護側の控訴を本人が取り下げて刑が確定。本人はその後再審請求したが、最高裁は特別抗告を棄却、25年2月に刑が執行された。

  1. 「ちむどんどん」“金の亡者”房子=賢三の叔母で確定? ネットの反応「同一人物かな」「三郎の表情が…」

  2. 「おちょやん」テルヲ以上のクズキャラか?「ちむどんどん」手切れ金要求の賢秀に視聴者あ然「一番の最低エピソード」

  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  4. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  5. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走