秋川雅史、『千の風になって』翻訳・作曲の新井満さん追悼「今は風になり、大きな空を吹きわたって…」

サンスポ
秋川雅史
秋川雅史

大ヒットした「千の風になって」の翻訳と作曲で知られる芥川賞作家の新井満(あらい・まん=本名みつる)さんが3日午前8時46分、誤嚥性肺炎のため函館市内の病院で死去した。75歳だった。新井さんの訃報を受け、「千の風になって」をカバーしたテノール歌手の秋川雅史(54)が追悼コメントを寄せた。

新井満さん
新井満さん

コメント全文は以下の通り。

昨年、コロナ禍で表現の場を失った私を気遣ってお電話をくださった新井満さん。

突然の訃報をお聞きし、茫然としています。

私が初めて新井満さんにお会いしたとき、新井さんは「千の風になって」という曲は「人が亡くなるという現実がある限り、永遠に必要とされるんだよ」とおっしゃいました

私はこの言葉をいつも胸に秘め、微力ながら大切に歌わせて頂いてきました

新井さんが紡いだこの詩のように、今は風になり、大きな空を吹きわたって私たちを見守ってくれていると信じています。

そして新井さんが遺された詩と曲を、これからも大切に歌い継いでいきます。

ご冥福を心よりお祈りしております。

秋川雅史

  1. あすの「カムカムエヴリバディ」1月25日第59話あらすじ ジョーを信じると決めたるい、泊まる宿に通い続けるが…

  2. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で

  3. 海自輸送艦「おおすみ」トンガへ出港 沖合停泊し災害支援

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 「鎌倉殿の13人」小池栄子、新垣結衣への幸せアピールに戦慄「手を振る政子様怖っ」「マウント合戦ずっと見てたい」