冬のご褒美におすすめのお取り寄せグルメ6選

冬のご褒美におすすめのお取り寄せグルメ6選
冬のご褒美におすすめのお取り寄せグルメ6選

師走に入り、2021年も残りわずかとなりました。今年は何をするにも気を使う場面が多く、疲れが溜まっている方が多いかもしれません。そんな自分やご家族に、「お疲れさま」とご褒美を送ってみてはいかがでしょうか。

産経ネットショップでは、海鮮やブランド牛など、バリエーション豊富な冬のお取り寄せグルメをご用意しています。その中から、大ぶりの数の子をまるごと1本使用した贅沢な松前漬けや、やわらかくて風味のよい米沢牛のすき焼き肉など、特におすすめの6商品を紹介します。

1.竹田食品 数の子松前漬 5,880円~1万500円(税込)

松前漬けに合った大ぶりな数の子を、贅沢に1本丸ごと使用しています。スルメイカと独特のぬめり感を持つ北海道産の「がごめ昆布」を合わせ、竹田食品独自のしょうゆタレに、3日間じっくりと漬け込みました。

一口食べた瞬間から、他の松前漬けとは違う食べ応えと旨みに感動。ご飯のお供としてだけではなく酒の肴にもよく合い、毎年大人気の商品です。

1.5kg(500g×3パック 5,880円)3kg(500g×6パック 1万500円)をご用意しています。

2.北海道産 カラフトマス醤油漬け 4,980円~8,980円(税込)

北海道産の厳選したカラフトマスのいくらは、しっかりとした粒感がありながらも、皮残りが少なく食べやすいのが特徴。豊潤な粒々のいくらと奥深い濃厚な味わいが、滑らかに口いっぱい広がります。プチっと弾ける食感をお楽しみください。

鮭のいくらに比べてお手ごろな価格ですので、たっぷりのせて贅沢にいくら丼や手巻き寿司はいかがでしょうか。年末にご家族で集まる予定がありましたら、お子様にも大人気のいくらは多めに購入されるのがおすすめです。

240g(40g×6パック 4,980円)480g(40g×12パック 8,980円)をご用意しています。

3.まいづる 国産 とらふぐ刺身 7,980円~1万1,600円(税込)

ふぐは他の魚より繊維質が多いため、極限まで薄く切ることで、プリプリの食感を楽しむことができます。かめばかむほど広がる深みのある味わいをご堪能ください。

刺身と皮湯引きの2種類を、食べやすいように小分けパックにしてお届け。もみじおろしとポン酢もついてますので、解凍するだけですぐにお召し上がりいただけます。

10皿(7,980円)15皿(1万1,600円)をご用意しています。

4.小樽海洋水産 小樽の小鍋セット 5,800円(税込)

レンジで温めるだけですぐに食べられる、本格海鮮鍋の詰め合わせです。

北海道の郷土料理で濃厚な味噌味が特徴の「石狩鍋」、紅ずわいがにをふんだんに使用し、醤油味で仕上げた「かに鍋」、秋鮭・サーモントラウトを使用し、だし汁の風味を味わえる塩味仕立ての「鮭うしお汁」がそれぞれ2個ずつ入っています。

1人前ずつの個包装ですので、いつでもお気軽・お手軽に本格的な海鮮鍋をお楽しみいただけます。 ちょっとしたご贈答にもいかがでしょうか。

5.米沢牛すきやき用スライス 4,190円~7,538円(税込)

日本三大和牛のひとつ、米沢牛は山形県が誇るブランド黒毛和牛。今回は米沢牛の食肉処理から加工製造販売までを一貫して手掛ける米沢食肉公社から、すき焼き用スライスをご用意しました。程よくサシが入った米沢牛は、火を通してもやわらかく、風味のよさも格別です。冬の贅沢と言えばすき焼き!という方は、ぜひこちらの米沢牛をご賞味ください。

300g(4,190円)600g(7,538円)をご用意しています。

6.銀座割烹 里仙 4種ローストビーフ詰合せ 1万800円(税込)

「里で美味を食す仙人たちのための日本料理店」というコンセプトで、旬の素材を生かした至高のお料理でおもてなしする銀座割烹里仙。その本格的な日本料理店の味をご家庭でお楽しみいただけるよう、里仙が監修した和風ローストビーフをご用意いたしました。

黒毛和牛のもも肉を使用し、醤油、西京味噌、赤味噌、塩こうじをベースに仕上げた4種をご堪能いただけます。

この他にも、産経ネットショップでは、冬のグルメ特集を開催中です。是非この機会にご賞味ください。

価格はすべて税込み。5000円以上のご注文で送料無料。価格や仕様などの情報はすべて掲載時のものです。産経ネットショップのご利用が初めての方が新規会員登録をすると、500円オフクーポンが使えるのでお得になります。<産経ネットショップ>

  1. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  2. 「カムカムエヴリバディ」堀部圭亮演じる「吉右衛門ちゃん」登場 父子の1人2役に「パパそっくり」「けちえもんに…!」と視聴者大喜び

  3. きっかけはウエディングドレス 入籍1カ月半の元教諭はなぜ新妻を殺害したのか

  4. 「カムカムエヴリバディ」第14週で安子編の伏線回収? 話題の予告動画、ジョーの衣装に「ノッポさん」の声も

  5. どうやって撮影したのか?共通テスト問題流出事件 ITジャーナリストの三上洋氏「スマホのみ使用の可能性が高い」「発信者特定は時間の問題」