北京春秋

「ゼロコロナ」いつまで…

産経ニュース
新型コロナワクチンを接種するため列を作る市民=10月、北京(共同)
新型コロナワクチンを接種するため列を作る市民=10月、北京(共同)

「ゼロコロナ」政策を掲げる中国で、特に首都・北京の新型コロナウイルス対策が厳しくなっている。10月から中国各地でデルタ株の感染が広がったことを受け、11月中旬からは市内に入る全ての人を対象に、48時間以内に受けたPCR検査の陰性証明の提示が義務付けられた。出張や観光で市外に出れば、日帰りでも北京に戻る前にPCR検査を受ける必要がある。

過去14日以内に1人でも感染者が出た地域を訪れた人が、市内へ立ち入ることを制限する方針も出た。出張のため滞在している地域で感染者が出れば自宅に戻れない可能性もある。

ある北京の日本人駐在員は「出張先で感染者が出るかどうかなんて、誰も分からない。出張はできる限り断っているが、どうしても行かなければならない時には、『感染者が出ないように』と神に祈るような気持ちで飛行機や高速鉄道に乗っている」と話す。

北京では来年2月に冬季五輪、3月には全国人民代表大会(全人代)という重要イベントが控えており、「少なくとも全人代が終わるまでは厳しい対策が続くだろう」とささやかれる。

単身赴任の日本人駐在員からは「年末年始に一時帰国したら、厳しい水際対策で北京に戻れない恐れがある。一人での年越しを決めた」との嘆きを最近よく聞く。(三塚聖平)

  1. あすの「カムカムエヴリバディ」1月20日第56話あらすじ 東京の笹川邸で生活することになったジョー、会えないるいに悪い噂が…

  2. 「カムカムエヴリバディ」 ジョーがホットドッグ好きな理由が判明 「二人を定一さんが結びつけた」「今日のランチは…」

  3. オミクロンでパンデミック終了か、海外では感染者数が1カ月で頭打ち 専門家「次の変異株を経て『5番目のかぜ』になる可能性も」

  4. キムタクだけマスク着用の集合写真に「これが有名人が伝えるべきメッセージ」「好感度爆上がり」と称賛の嵐

  5. 「カムカムエヴリバディ」 「黍之丞=吉備のジョー」との解釈に「あっ…」「そっか!」「なるほど!」と膝打つ視聴者