井上尚弥の防衛戦は日本人のレフェリー、ジャッジで行う予定 オミクロン株急拡大で/ボクシング

サンスポ
約2年1カ月ぶりの日本での試合に向けて順調な井上尚弥(大橋ジム提供)
約2年1カ月ぶりの日本での試合に向けて順調な井上尚弥(大橋ジム提供)

プロボクシングWBA、IBF世界バンタム級統一王者の井上尚弥(28)=大橋=が2日、IBF5位のアラン・ディパエン(30)=タイ=との防衛戦(14日、東京・両国国技館)に向けて、横浜市の所属ジムで練習を行った。

政府が新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の急拡大を受けた水際対策の強化措置として、11月30日午前0時から当面1カ月、全世界を対象に外国人の入国を禁止したが、ディパエンは同28日に来日しているため、日本のレフェリー、ジャッジなどで試合が行われる予定。

この日は元WBC世界同級暫定王者で、WBOアジア・パシフィック・スーパーバンタム級王者の弟・拓真(25)=大橋=とマスボクシングで実戦調整。ミット打ち、サンドバッグ打ちなどで汗を流した。今週の初めに試合前最後のスパーリングを終え、「順調です。日本での調整はやりやすい」と約2年1カ月ぶりの日本での一戦へ万全だ。

ディパエンの警戒する点を「ここ、というところがあるわけではない」としたが、「周りの今回の試合に対する予想など、いろいろな声はあるが、早く倒すというような雰囲気に乗っかってスタートからそういう気持ちでいったら、本来のボクシングはできない。対戦相手が誰でもいつも通りの試合を心掛けたい。冷静にいかないといけない」と油断はない。

同18日の会見では「リードパンチ(ジャブなど試合を組み立てるパンチ)で倒す」と宣言したが、「本当にリードパンチで倒すのではなく、それぐらいの実力差を見せるという意味。ただ、ジャブで倒す準備もしている。ジャブは強化されているし、元々左は得意だから」と改めて真意を説明した。

プロ戦績は井上が21戦21勝(18KO)、ディパエンが14戦12勝(11KO)2敗。

  1. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  2. キムタクだけマスク着用の集合写真に「これが有名人が伝えるべきメッセージ」「好感度爆上がり」と称賛の嵐

  3. オミクロンでパンデミック終了か、海外では感染者数が1カ月で頭打ち 専門家「次の変異株を経て『5番目のかぜ』になる可能性も」

  4. 朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第13週あらすじ&振り返り ジョーの言葉にショックを受けたるい、真実を知り…

  5. 中国に「大変失望した」 WHOテドロス事務局長が表明