追悼・中村吉右衛門さん ペリー荻野氏が明かす鬼平秘話 池波正太郎先生から直接オファーも1度は役を辞退

zakzak
中村吉右衛門さん
中村吉右衛門さん
その他の写真を見る (1/2枚)

11月28日に心不全のため、77歳で死去した歌舞伎俳優で人間国宝の中村吉右衛門さん。歌舞伎界の至宝として、そして長年、お茶の間で親しまれた〝鬼平〟として、誰からも愛された名優が旅立った。

今年3月、東京・歌舞伎座での舞台の後、食事中に心臓発作で倒れ、心肺停止に近い状態で病院に搬送されてから約11カ月。一時は回復に向かっているとの情報もあったが、実際は意識が戻ることなく息を引き取った。

八代目松本幸四郎(初代白鸚)の次男として生まれ、母方の祖父、初代中村吉右衛門の養子に。4歳で初舞台を踏み、1966年に二代目吉右衛門を襲名した。2011年には人間国宝、17年に文化功労者となった。実兄は二代目松本白鸚(79)。

歌舞伎界で大きな足跡を残す一方、テレビドラマ『鬼平犯科帳』(フジテレビ系)で、厳しくも強く、人情味あふれる長谷川平蔵を約30年にわたって務め、幅広い人気を集めた。

時代劇研究家でコラムニストのペリー荻野氏は「平成の時代に本格的な時代劇を人間味たっぷりの演技で見せてくれただけに非常に残念」とその死を悼む。

当たり役となった〝鬼平〟役だが、「もともとは40歳のとき、原作者の池波正太郎先生から直接、平蔵役をやってほしいとオファーを受けたんです。でも、そのときは『まだ若造で器じゃない』と断っているんです。そして5年後、『平蔵も45歳で火付盗賊改方に就任した』と満を持して役を引き受けたそうです。そこから27年、150本も鬼平を演じてきました」とペリー氏。

  1. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  2. キムタクだけマスク着用の集合写真に「これが有名人が伝えるべきメッセージ」「好感度爆上がり」と称賛の嵐

  3. オミクロンでパンデミック終了か、海外では感染者数が1カ月で頭打ち 専門家「次の変異株を経て『5番目のかぜ』になる可能性も」

  4. 朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第13週あらすじ&振り返り ジョーの言葉にショックを受けたるい、真実を知り…

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」