香取慎吾主演ドラマに高良健吾、片岡愛之助、國村隼ら出演! NHK「倫敦ノ山本五十六」

iza
松平恒雄(國村隼、左)と山本五十六(香取慎吾) (C)NHK
松平恒雄(國村隼、左)と山本五十六(香取慎吾) (C)NHK

俳優の香取慎吾が主演を務めるNHK総合のドラマ「太平洋戦争80年・特集ドラマ『倫敦(ロンドン)ノ山本五十六』」(30日、午後10時)の追加キャストが1日、発表された。俳優の高良健吾や歌舞伎俳優の片岡愛之助ら、豪華な面々が香取の脇を固める。

太平洋戦争の始まりから80年。作品は、同局の独自取材で明らかになった、海軍内部の極秘文書に基づく実録ドラマだ。国民から「英雄」と呼ばれるようになる以前、海軍という組織の中でもがき続けた新たな「山本五十六像」に香取が挑む。

高良が演じるのは、海軍軍人の富岡定俊。終戦直後の東京で、海軍の公文書を収集するなか、五十六に関する極秘文書を発見するという役どころだ。

富岡定俊役を演じる高良健吾 (C)NHK
富岡定俊役を演じる高良健吾 (C)NHK

高良は同局を通じ、「台本を読んで、とてもいい役を頂けたと思いました。演じる事で、戦争という人間が幾度となく犯してきた大きな過ちを物語として世に投げかける事ができるのは、この仕事を選んだ者としてやりがいがある事の一つです。精一杯自分の役割を全うしたいと思います」というコメントを寄せた。

一方、愛之助は五十六と海軍兵学校の同期で親友の堀悌吉役を演じる。軍備拡大を求める風潮が強まる海軍にあって、五十六に「戦争を避けることの重要性」を説き続ける。

愛之助は「大河ドラマ『麒麟がくる』でご一緒させていただいた大原(拓)監督にお声がけをいただいたこと、そして香取慎吾さんとドラマでは初共演、嬉しいことばかりです」と強調。そのうえで「私が演じる堀は、映画で坂東三津五郎兄さんが演じられていました。そのことにもご縁を感じます。海軍で理想を追い求める五十六と断固戦争反対の堀。立場は違えど、互いに日本を思い、信頼し合い、熱く語り合う。そんな二人を表現できたらと思っています」と述べた。

そのほか、俳優の國村隼が五十六と交渉に臨む外交官、松平恒雄役で出演。女優の平岩紙は、五十六の妻、礼子役を演じる。

■あらすじ

1934(昭和9)年、海軍少将の山本五十六は、ロンドンで開かれる軍縮会議予備交渉の首席代表を命じられる。交渉が決裂し、日本が国際社会から孤立すれば、英国や米国との溝は深まり、やがて戦争になるかもしれない。米国の強大な国力を知り、戦争は避けるべきだと考える五十六は、軍縮体制から脱退し、軍拡への道を望む軍上層部の思惑との間で、厳しい決断を迫られる。そんななか、五十六が打って出た秘策とは?