子どもへのクリスマスプレゼント、ネット購入率は8割 平均予算はいくら?

ITメディア
子どもへのクリスマスプレゼントはどのように準備するか?
子どもへのクリスマスプレゼントはどのように準備するか?

3歳からの「まなぶ・ 運動・食べる」を育むメディア「おやこのくふう」を運営する「くらしにくふう」(東京都港区)が、「クリスマス・年末年始の過ごし方」に関する意識調査を実施した。子どもへのクリスマスプレゼントを「ネット通販で購入する」人は8割で、平均予算は6900円だった。

子どもへのクリスマスプレゼントの購入方法と予算

子どもへのクリスマスプレゼントを「ネット通販で購入する」人は80.6%で、そのうち85.5%の人は「子供に内緒で購入する」と答えた。プレゼントの渡し方は「置いておく」派が「手渡しする」派の約3倍だった(後述「クリスマス当日の過ごし方」参照)。

クリスマスプレゼントの予算は5000円~1万円未満が44.4%、3000円~5000円未満が28.9%で平均額は6900円。3万円以上と答えた人も2.8%いた。

クリスマス・年末年始の過ごし方

「クリスマス当日の過ごし方」の1位は「自宅で少し豪華な食事をする」の66.8%。以下「子どもにプレゼントを渡す(置いておく)」(45.2%)、「ケーキを購入する」(44.6%)が続き、「サンタクロースを呼ぶサービスを利用する」という人も6.8%いた。

「年末年始の過ごし方」で最も多かったのは「自宅でゆっくりと過ごす」の56.3%で、2位の「帰省する」(30.5%)を大きく上回った。3位以下には「ショッピングに行く」(20.3%)、「家の大掃除をする」(16.0%)、「外食に行く」(14.5%)が続き、アスレチックや映画館などのレジャー施設を挙げる人もいた。

年末年始の悩みごとや困りごとを聞いたところ、1位は「休み中の3度の食事作りが大変そう」の42.2%。以下、「子どものTVや動画などの試聴時間が増えそう」(27.7%)、「子どもを叱る回数が増えそう」(25.2%)、「家事と育児の両立が大変そう」(22.8%)、「兄弟/姉妹ケンカが増えそう」(21.5%)が続き、家族で自宅で過ごす時間が増えることによる課題が浮き彫りになった。

調査は3~6歳の子どもを持つ親325人を対象に、11月17~18日にインターネットで実施した。

関連記事