施策の検証、早期進展を ハンセン病で追悼式典

産経ニュース
追悼式典で献花する、ハンセン病違憲国賠訴訟全国原告団協議会の竪山勲事務局長=30日午前、厚労省
追悼式典で献花する、ハンセン病違憲国賠訴訟全国原告団協議会の竪山勲事務局長=30日午前、厚労省

国の不当な隔離政策に苦しめられて亡くなったハンセン病元患者らの追悼と名誉回復のための式典が30日、東京・霞が関の厚生労働省で開かれた。参列した違憲国賠訴訟全国原告団協議会の竪山勲事務局長(73)は「新型コロナウイルスでハンセン病問題の全てが足踏みしているが、患者は高齢化している」と述べ、国の施策の検証などを早期に進めるよう求めた。

今年はハンセン病患者の強制隔離を違憲とした平成13年の熊本地裁判決から20年の節目。式典は昨年に続き、新型コロナ感染拡大の影響で時期を延期し、規模も縮小して開催した。

全国に13カ所ある国立療養所の入所者は今年5月1日時点で1001人(昨年比89人減)になり、平均年齢は昨年より0・7歳上がって87・0歳となった。

政府主催の式典は13年の判決を契機に始まり、例年は元患者への補償法が施行された6月22日の前後に開かれていた。

  1. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  2. 上島竜兵さん死去 自宅で家族が異常に気づき…

  3. 女優・階戸瑠李さん急死にネットも涙…「半沢直樹」で印象的な演技「本当に残念」「これから…と期待していたので…」

  4. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  5. 上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛