G7保健相が緊急会合 オミクロン株対応で連携確認

産経ニュース

【ニューヨーク=平田雄介、ロンドン=板東和正】カナダ東部オンタリオ州は28日、首都オタワで新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」の感染例を2件確認したと発表した。南北米大陸の感染確認は初めて。オミクロン株の感染が広がる中、先進7カ国(G7)は29日、緊急の保健相会合をオンライン形式で開催し、共同声明を採択。連携して対応していくことを確認した。

カナダで確認されたオミクロン株の感染者は、いずれもナイジェリアへの渡航歴があった。カナダ政府は直近2週間以内に南アフリカなどアフリカ南部7カ国への滞在歴がある人の渡航制限措置を導入しているが、ナイジェリアは対象国に含まれていなかった。

カナダに接する米国では28日、バイデン政権の医療顧問トップのファウチ国立アレルギー感染症研究所長が「(オミクロン株の)到来は避けられない」と語り、最善の備えとしてワクチンの3回目接種や未接種者の接種を推奨した。

オミクロン株の感染は各地で続いており、ロイター通信などによると、ポルトガルは29日、サッカーチームの選手ら13人が感染したと発表。オーストリアでも同日、感染例1件が確認された。英国は北部スコットランドで29日、新たに6件確認した。一部はアフリカ南部への渡航歴がなく、地域で感染が広がっている可能性も懸念されている。

感染力が強いとされるオミクロン株をめぐっては、世界保健機関(WHO)が26日、最も警戒レベルが高い「懸念される変異株(VOC)」に指定した。不明な点は多いが、WHOは29日までに、世界的に感染が広がる危険性は「極めて高い」として、各国に警戒を呼びかけた。

G7保健相会合は議長国の英国が招集した。出席した後藤茂之厚生労働相によると、各国は感染情報やワクチンなどの分析内容の共有を図り、WHOなど国際的パートナーと協力していくことを確認。12月に再び会合を開くこととした。また南アフリカがオミクロン株の確認後、迅速に公表したことを賞賛した。

  1. あすの「カムカムエヴリバディ」1月26日第60話あらすじ ジョーと京都で暮らすことを決意したるい、ベリーのもとを訪ねると…

  2. キムタクだけマスク着用の集合写真に「これが有名人が伝えるべきメッセージ」「好感度爆上がり」と称賛の嵐

  3. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  4. あすの「カムカムエヴリバディ」1月25日第59話あらすじ ジョーを信じると決めたるい、泊まる宿に通い続けるが…

  5. 松本人志、濃厚接触者に 無症状で陰性も10日間の自宅待機 「ワイドナショー」でも「おかしい」と意見