岡田准一が信長に 23年大河「どうする家康」追加キャスト発表に驚きの声 「本能寺で燃やされても生き残りそう」

iza
左上から時計回りに、有村架純(撮影・丸山汎)、ムロツヨシ(撮影・石井健)、野村萬斎(撮影・内藤令)、阿部寛(撮影・塩浦孝明)
左上から時計回りに、有村架純(撮影・丸山汎)、ムロツヨシ(撮影・石井健)、野村萬斎(撮影・内藤令)、阿部寛(撮影・塩浦孝明)

2023年放送のNHK大河ドラマ「どうする家康」の追加キャストが29日、発表され、その豪華な顔ぶれにネットユーザーたちも大興奮。ヤフーリアルタイム検索やツイッタートレンドの上位に「どうする家康」が急上昇し、さまざまな書き込みが相次いだ。

嵐の松本潤が主演する同作。この日、同局が会見を行い、岡田准一、ムロツヨシ、阿部寛、野村萬斎、有村架純が出演することを発表した。62作目となる同作の脚本は「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズで知られる古沢良太氏が担当。信長、武田信玄らが群雄割拠する乱世に飛び込み、「どうする?」と何度も決断に迫られた家康を現代に通ずるリーダー像として描く。

松本は大河初挑戦で、ジャニーズの主演は2014年「軍師官兵衛」の岡田以来9年ぶり。岡田が織田信長、有村が家康の正室・瀬名(築山殿)、ムロが豊臣秀吉、阿部が武田信玄、野村が今川義元を演じる。

主演級の俳優をそろえた豪華キャストに、「みなさん主演の顔すぎて、良い意味で絵面の圧が凄い笑」とネットユーザーは興奮。「ムロさんの秀吉→もうコメディ決定じゃん」「架純ちゃんキタァー!!!」「野村萬斎と岡田准一が戦うというだけで絵面が強すぎる」「これは、みるわ」「本編はもちろん、メイキングが観たい面々」など、1年以上先の放送開始に向けて、早くも期待値が爆上がりしているようだ。

過去の大河ドラマでは、阿部が「天地人」(09年)で上杉謙信、岡田が「軍師官兵衛」(14年)で黒田官兵衛と、それぞれ著名な戦国武将を演じたことを憶えている視聴者も多く、「上杉謙信と武田信玄の両方を演じるという快挙」「出てくる度『官兵衛…』とか、思ってしまいそうだ」と面白がる声も見られた。

岡田と言えば、「格闘技オタク」を自認し、タフなアクションシーンをスタントマンによる吹き替えなしで演じるアクションスターとしての顔も持つことから、「岡田さんの信長は本能寺で燃やされても生き残りそう」といったコメントも。

また、主演を務める松本とは、同じジャニーズ事務所の先輩・後輩の間柄であるため、「岡田くん脇役もすごいし、このレベルのジャニーズの共演って、、さすがNHK大河」「後輩くんから(脇役として)誰が来るのかなとか思っていたら、先輩からだった!」と驚く書き込みもあった。

  1. あすの「カムカムエヴリバディ」1月26日第60話あらすじ ジョーと京都で暮らすことを決意したるい、ベリーのもとを訪ねると…

  2. キムタクだけマスク着用の集合写真に「これが有名人が伝えるべきメッセージ」「好感度爆上がり」と称賛の嵐

  3. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  4. あすの「カムカムエヴリバディ」1月25日第59話あらすじ ジョーを信じると決めたるい、泊まる宿に通い続けるが…

  5. 松本人志、濃厚接触者に 無症状で陰性も10日間の自宅待機 「ワイドナショー」でも「おかしい」と意見