新型コロナウイルス対策連絡会議「選手のブースター接種の差し控えがないように」

三鴨廣繁氏

プロ野球とJリーグが設立した「新型コロナウイルス対策連絡会議」の第44回が29日、オンラインで行われ、専門家チームから新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」についての情報提供などがなされた。

また、選手、チームスタッフに対する新型コロナワクチンの3回目接種「ブースター接種」について、三鴨廣繁氏(愛知医科大教授)は「(1、2回目の接種で)発熱、局所反応など副反応があられた方が『ワクチンはもういいや』という差し控えがないようにすることが大事、という議論もなされた」。プロ野球では今季、楽天・田中将大投手、広島・鈴木誠也外野手らに副反応が出た。

あなたにオススメ

©2022 SANKEI DIGITAL Inc. All rights reserved.