フリー打撃実演のイチロー氏が国学院久我山ナインに語った「最後のテクニック」

サンスポ
国学院久我山高の選手に打撃を披露するイチローさん=東京都杉並区(代表撮影)
国学院久我山高の選手に打撃を披露するイチローさん=東京都杉並区(代表撮影)

プロ野球オリックス、米大リーグのマリナーズなどで日米通算4367安打を放ち、2019年3月に引退したイチロー氏(48)=マリナーズ会長付特別補佐兼インストラクター=が29日、国学院久我山高(東京都杉並区)を訪れ、臨時指導を行った。

圧巻だったのはフリー打撃の実演。70スイングを超えても「終われないよね、もうちょっと捉えないと」とつぶやき、最後は右翼の防球ネットを越える〝ホームラン〟締め。計11本の〝柵越え〟を披露した。その後に、捕手を務める部員から「見逃すと思ったらバットが出てきますね?」との質問を受けると、〝意を得たり〟とばかりにニヤリ。「それが僕の目指しているところ。(追い込まれた状況で相手投手のベストピッチをファウルまたはヒットにする)最後のテクニック。(元中日捕手の)谷繁元信さんに『松井秀喜とイチローはそれができていた』と言われた。今日も捕手がそう感じてくれたことがすごくうれしい」と目を細めた。

さらに、「右バッターでそれができたのはデレク・ジーター。今の時代、減ってきている。1番から9番まで、バーンとやる打者が多くなっている。何を格好良いと思うか、それぞれの価値観でプレースタイルは変わる。僕はピッチャーが嫌がる、ベストピッチをヒットにしたい」と熱弁は続いた。

  1. あすの「カムカムエヴリバディ」1月26日第60話あらすじ ジョーと京都で暮らすことを決意したるい、ベリーのもとを訪ねると…

  2. キムタクだけマスク着用の集合写真に「これが有名人が伝えるべきメッセージ」「好感度爆上がり」と称賛の嵐

  3. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  4. 松本人志、濃厚接触者に 無症状で陰性も10日間の自宅待機 「ワイドナショー」でも「おかしい」と意見

  5. あすの「カムカムエヴリバディ」1月25日第59話あらすじ ジョーを信じると決めたるい、泊まる宿に通い続けるが…