静音設計で自宅で簡単にできるフィットネス機器「エアロライフ」

静音設計でコンパクト。好きな時間に運動できる「エアロライフ」
静音設計でコンパクト。好きな時間に運動できる「エアロライフ」

寒くなると外に出かけることが億劫になり、気づかないうちに運動量が低下していませんか?「自宅で気軽に運動ができれば…」。そんなふうに思われた方もいらっしゃるのでは?産経ネットショップでは、人気のフィットネス機器ブランド「エアロライフ」の商品を販売中。今回はその中でも、お好きな時間に気軽に運動できるおすすめの6商品をご紹介します。

「エアロライフ」は運動理論にかなったエクササイズが自宅で簡単にできるフィットネス機器ブランド。集合住宅でも安心の静音設計、しかもコンパクトなので持ち運びも可能。ちょっとした空き時間を利用して気軽にエクササイズができるアイテムが人気です。

1.モーションナビ 13,410円(税込・送料無料)

椅子に座ってステップ&ストレッチ運動ができます。「足踏み」「左右開閉」など、座ったままでウォーキングと同等のエクササイズができます。さらに、ステップ部を固定すると「ストレッチボード」に早変わり。硬くなりがちな「ふくらはぎ」や「ふともも裏の筋肉」などをしっかり伸ばすことができます。

フットプレートには足裏のツボを刺激する突起付き。膝や腰に負担をかけずに室内で安全にウォーキング並みの運動効果が期待できるため、ご高齢の方にもおすすめのエクササイズグッズです。

2.サイドステッパー 9,980円(税込・送料無料)

ステップを踏むだけで有酸素運動と筋トレが同時にできます。従来のステッパーと違い、体の重心を左右に大きく振る運動が、脚の筋肉だけではなく、体幹や骨盤周りの筋肉まで鍛えます。

フットプレートが常に地面と平行に保たれるので、ご高齢の方も安全に使用できます。使い方によって運動強度が変わり、初心者~上級者まで幅広い方々に使用していただける一台です。

3.内転筋コアエクサ 12,980円(税込・送料無料)

太ももの内側にある内転筋は日常ではあまり使われず、ウォーキングやジョギングでは鍛えにくい筋肉です。しかし、内転筋が衰えるとO脚やぽっこりおなかになる恐れが。

「内転筋コアエクサ」は1秒で閉じて1秒で開くというシンプルなエクササイズで、内転筋を効率よくトレーニングできます。また、ヒップやお腹周りの筋肉も同時に刺激できる人気のトレーニンググッズです。

4.ツインステップス 8,800円(税込・送料無料)

自宅で手軽にできる有酸素運動のスローステップ運動。ゆっくりと踏み台を上り下りするだけの運動ですが、ウォーキング以上の運動効果があると言われています。そのスローステップ運動を手軽にできるのが、「ツインステップス」です。

傾斜台を使ったステップ運動で無意識につま先が上がり、「つまずき」や「転倒」予防にもなります。分割可能なので、組み合わせによって負荷のレベルを3段階に調整できます。

5.ホップトレーナー 9,900円(税込・送料無料)

下半身の3大関節「股関節」「膝関節」「足首関節」を同時に動かす「関節エクササイズ」で鍛えるなら、こちらがオススメ。基本的な使い方はポンポンポンと楽しくフットプレートを跳ねるように踏むだけ。椅子に座りながら行います。本体の向きを変えれば関節と同時にふくらはぎや脛、太ももや腹筋まで刺激できる足踏み運動も可能。「楽しみながら運動を習慣化したい」という方にピッタリの商品です。

6.ホームジャンピングD 6,820円(税込・送料無料)

折りたたみ方式のシンプルなトランポリンです。小型ですが、ネット面積を広く設計しているので、お子様から大人の方まで楽しく有酸素運動と体幹トレーニングを行うことが可能。

約5分間トランポリンで跳ねるだけで、ウォーキング1キロ相当の運動効果があると言われています。

エアロライフはご自宅で気軽にエクササイズを楽しめるよう、静音設計。マンションでも早朝・深夜問わず、好きな時間に安心してお使いいただけます。

価格はすべて税込み。送料無料。価格や仕様などの情報はすべて掲載時のものです。産経ネットショップのご利用が初めての方が新規会員登録をすると、500円オフクーポンが使えるのでお得になります。<産経ネットショップ>

  1. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  2. 「首都直下」「富士山噴火」「南海トラフ」連動への警鐘 最大でM9級の恐れ 専門家「地震慣れしてしまう恐れも」

  3. 立て続けに起こる地震、備えを見直すきっかけに 「これだけはやっておこうリスト」

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 緑内障発症・進行の危険因子「眼圧」とコーヒーの関係 1日の摂取頻度から研究発表