阪神の絶対守護神・スアレス、自由契約濃厚 流出阻止へ誠意尽くすのみ

サンスポ
残留か、メジャー流出か―。スアレスがFA市場に出ることになりそうだ
残留か、メジャー流出か―。スアレスがFA市場に出ることになりそうだ

2年連続でセ・リーグの最多セーブに輝いた阪神のロベルト・スアレス投手(30)が、11月30日が提出期限となる保留者名簿から外れることが濃厚となった。記載されなかった選手は自由契約となり、他球団との交渉が可能となる。メジャー球団との争奪戦は避けられそうもないが、虎は誠心誠意を尽くして、振り向かせるしかない。

虎の九回を巡る交渉は〝最終回〟に差しかかろうとしている。スアレスとの残留交渉が、11月末に一つの分岐点を迎えようとしている。

昨オフに年俸250万ドル(約2億6000万円、推定)の2年契約を結んだが、2年目の選択権はスアレス側にある。米大リーグから熱視線を送られており、当然、残留交渉は簡単ではない。30日に提出期限が迫っている中、保留者名簿から外れることが濃厚であることが、判明した。

その名を外すことは、市場に出てしまうことを意味する。そこから自由契約公示。もし「米大リーグ行き」という結末を迎えれば…。矢野虎の2022年は一気に計算が立たないものとなる。

球団助っ人の新記録となる42セーブに、2年連続セーブ王。数字や冠だけでも圧倒的だったが、今季の貢献度はずば抜けていた。連投やイニングまたぎもいとわず、球団最速163キロの剛速球で相手打者をねじ伏せ、セーブ失敗はわずか1度。先制し逃げ切る戦いを得意とした虎だったが、流出となれば戦い方の大幅な見直しを迫られる。

だが振り返れば昨オフも、スアレスは保留者名簿から外れたものの、球団と交渉を続けて、12月24日に再び虎と握手を交わした。過去にはドリスも、2018年12月頭に自由契約選手として公示されたのちに残留に合意したことがあった。名簿から外れること、イコール退団では決してない。

スアレスが離日した10日には矢野監督も「お願いと言うとなんだけど。『スアちゃん頼むぞ』と。俺らの気持ちはこうだからなというのは伝えた」と最後の訴えを行っていたことを明かした。嶌村球団本部長も「矢野監督のコメントにもあったけど、あれだけの抑えがいたらそりゃ非常に助かりますよ。そういった思いは現場も球団も間違いなく一緒なんで」と同意した。剛腕を握りしめて離さないために、虎は誠意を尽くすしかない。

スアレス自身は「(ファンに)私のこともチームのことも応援よろしくお願いします。これからもチーム全員100%で頑張ります」という言葉を残した。来季のラストイニングに平穏が訪れるのかは、すべて、今オフ繰り広げられる激しい交渉に懸かっている。

  1. 鬼束ちひろ「救急車蹴って逮捕」発端は「パチンコ店での友人のけいれん」だった

  2. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  3. イザ!編集部座談会:朝ドラ「カムカムエヴリバディ」気になる役者は?今後の展開も予想!

  4. 【衝撃事件の核心】飛び降りの巻き添えになった女子大生と遺族の理不尽の代償

  5. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走