東京円、114円台後半 新変異株情報で低リスクの円買われる

産経ニュース

26日午前の東京外国為替市場の円相場は1ドル=114円台後半で取引された。

午前10時現在は前日比43銭円高ドル安の1ドル=114円95~96銭。ユーロは45銭円高ユーロ安の1ユーロ=128円95~99銭。

南アフリカで新型コロナウイルスの新たな変異株が確認されたと伝わり、投資家心理が急速に悪化。高い感染力を持つ恐れがあるといい、感染拡大による経済への悪影響に警戒感が広がり、低リスク通貨とされる円が買われてドルが売られた。

市場では「週末を控えて、このところ高値だったドルの持ち高を調整する動きもあり、ドルが売られやすかった」(外為ブローカー)との声が聞かれた。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で

  4. 無免許当て逃げの木下都議、シャネルに「胸元ガバガバ」赤ワンピで登場の強メンタル

  5. 【ニュースの核心】「ワクチン入手困難」の韓国・文大統領が“命乞い” あす米韓首脳会談、見抜かれている“二股外交”のツケ…「踏み絵」迫る可能性