立民代表選30日投開票

小川淳也氏「アンチ巨人」で“アンチ自民”

サンスポ
色紙に「大欲」と記した小川淳也元総務政務官=東京・永田町(撮影・斎藤浩一)
色紙に「大欲」と記した小川淳也元総務政務官=東京・永田町(撮影・斎藤浩一)
その他の写真を見る (1/3枚)

立憲民主党代表選(30日投開票)に立候補している4氏が25日、それぞれ在京スポーツ各紙の合同インタビューに応じた。衆院選で議席を減らした責任を取り辞任した枝野幸男前代表(57)の後任レースは、後半戦に突入。盛り上がりに欠けるという声もあるが、党再生を目指す4氏は個性豊かなパーソナリティーを披露した。(取材構成・小山理絵)

小川淳也元総務政務官(50)は昨年、自身の初選挙から密着したドキュメンタリー映画「なぜ君は総理大臣になれないのか」で脚光を浴びた。長年、街頭で聴衆から直接意見を聞いており「熱意と対話が大切。党を一時的な人気ではなく、本当の期待につなげたい」と熱く語った。

高松市出身で、東大から総務省を経て政界入り。もともとは野球少年で巨人ファンだったが、「巨人が自民党に重なって見える。チャレンジャーの方が好き」と〝アンチ巨人〟を公言する。10月の衆院選では前政権の閣僚だった強敵を選挙区で破り話題に。今度は野党第1党の顔になり〝常勝軍団〟を打ち負かす。

  1. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  2. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も

  3. 日大・田中理事長は「相撲界の常識」踏襲 知らぬ存ぜぬでスキャンダル乗り切った過去

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 保健室女性教師「ソープ勤務」だけじゃない ハレンチ教員懲戒事件簿