大接戦の日本シリーズ、一部ファンから「地味とか言ってすみません」「ごめん。当たり年だわ」と“謝罪”相次ぐ

iza
ヤクルトとオリックスによる日本シリーズは、熱戦が繰り広げられている
ヤクルトとオリックスによる日本シリーズは、熱戦が繰り広げられている

ヤクルトとオリックスによるプロ野球の日本シリーズは、27日から舞台をほっともっとフィールド神戸に移して第6戦が行われる。両チームが繰り広げる熱戦の連続に、ネット上では「地味な対戦カードとか言ってすみませんでした」「ごめん。当たり年だわ」などと“謝罪”するユーザーが相次いでいる。

日本シリーズが開幕する前は、一部の野球ファンから「ヤクルトオリックスの日本シリーズマジで地味すぎる」「日本一盛り上がらない日本シリーズ」などとSNSで揶揄されていたが、いざ始まると、手に汗握る好ゲームの連続にファンは大興奮。いつのまにか「面白い」と評されるシリーズとなっている。

第1戦は、2点を追うオリックスが九回に一挙3点を奪って4-3のサヨナラ勝ち。第2戦はヤクルト先発・高橋奎二のプロ初完封勝利で、対戦成績を1勝1敗とした。第3戦は逆転に次ぐ逆転でヤクルトが激戦を5-4で制し、第4戦もヤクルトが2-1で3連勝。日本一に王手をかけたが、第5戦は5-5の九回にオリックスの代打・ジョーンズの決勝ソロ弾が飛び出し、対戦成績を2勝3敗とした。

白熱の展開に多くのネット民が「ヤクルトvsオリックスの日本シリーズがこんなシビれる試合になるとは思いませんでした」「ここ最近の日シリで一番面白いわ! ありがとうオリックスヤクルト!!!!」などと熱狂。両軍のファンからは「誰だオリックス対ヤクルトじゃ盛り上がらないって言ったのは」「ヤクルトオリックスの日本シリーズなんて盛り上がらないし誰も見ない勢~~???元気か~~~?!?!」といった声が寄せられている。

  1. 「カムカムエヴリバディ」るいも稔に会いたい? 初めてしゃべった言葉に「SixTONES絡めてくる粋な計らい」「稔さん、いつ帰って来てもいいんだよ」

  2. 【衝撃事件の核心】16歳少女がリアルに見た「同級生の遺体」 バーチャルな罵倒の末に…

  3. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  4. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘

  5. 【脳神経外科が明かす「脳の病気とケガ」最新事情】脳卒中の予兆として覚えておきたい「FAST」とは