電動車支援 EVは最大80万円補助

産経ニュース

令和3年度補正予算案には、脱炭素の加速に向けた電動車導入の支援強化が盛り込まれた。電気自動車(EV)などの購入補助や充電インフラ・水素ステーション整備支援など合わせて375億円を計上。11月26日以降に購入した新車を対象とし、4年3月をめどに受付を開始、実際の支払いは同年5~6月を予定する。EV、プラグインハイブリッド車(PHV)、軽自動車タイプのEV、燃料電池車(FCV)が対象で、それぞれ補助額は異なる。ハイブリッド車(HV)は対象から外すが、国産、輸入車は問わない。

具体的には、外部の電化製品などを接続できる車載コンセントを装備しているか、給電口から外部に電気を取り出せるEVは、災害時などにも電源として活用できるとみなし、最大80万円を補助。そうした装備がない場合は、同60万円の補助とする。

このほか、PHVは同じく装備ありの場合は最大50万円、なしが同40万円、FCVは、装備ありが最大250万円、なしが同225万円、軽タイプのEVは装備ありが最大50万円、なしが同40万円をそれぞれ補助する。

日本は、電動車に関して欧州や中国などに比べて普及が遅れているのに加え、政府も2035年までに新車販売を電動車のみとする方針を打ち立てた。このため、今回は電動車購入補助だけで前回の約2倍となる250億円を補正予算案に盛り込み、導入拡大に弾みをつけたい考えだ。(那須慎一)

  1. 安倍元首相に18万人超が「デジタル献花」

  2. 【虎のソナタ】井端さん、鳥谷さんが絶賛する現役一塁手は?

  3. NHK「ちむどんどん」草苅正雄、親子出演に朝ドラファン感動「迫真の演技」「マユちゃん大人になった」

  4. 【ニュース裏表 平井文夫】「国葬欠席」のSNS掲載 批判相次ぐ立民の蓮舫、辻元両参院議員 情けなく恥ずかしい…ジョージアの大使に教えられた死者への敬意

  5. 残り3話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月28日OA第123話あらすじ 暢子(黒島結菜)の新店「やんばるちむどんどん」開店前日に思わぬ事件が…