キンプリ永瀬廉、初のベストジーニストに 貪欲!先輩のコーデ“盗んで”進化

サンスポ
〝殿堂入りアイドル〟を目指す永瀬。イケメン、ジーンズの次は…?=東京・港区(撮影・春名中)
〝殿堂入りアイドル〟を目指す永瀬。イケメン、ジーンズの次は…?=東京・港区(撮影・春名中)
華麗にジーンズを履きこなし、受賞を喜ぶ左から永瀬、新木、東野、林原めぐみ
華麗にジーンズを履きこなし、受賞を喜ぶ左から永瀬、新木、東野、林原めぐみ

King&Princeの永瀬廉(22)が25日、最もジーンズの似合う有名人に贈られる「第38回ベストジーニスト2021」の一般選出部門を初受賞し、東京都内で行われた授賞式に出席した。過去には木村拓哉(49)らジャニーズ事務所の先輩が殿堂入り。自身は女性ファッション誌「ViVi」の国宝級イケメンランキングで殿堂入りしており、「〝殿堂入りアイドル〟を目指したい」と2度目の快挙達成に意欲を見せた。

ややゆったりしたジーンズをきれいに履きこなした国宝級イケメンは、記念品の盾を受け取ってもクールな表情のまま。胸の内は、先輩に続けとばかりに燃えていた。

「デビュー前の高校生の頃からの夢がかなって、人生で一番うれしい瞬間。顔では殿堂入りしたので、来年、再来年も『ベストジーニスト』を受賞して〝殿堂入りアイドル〟を目指したい」

永瀬は昨年、キンプリで同僚の平野紫耀(24)に続き「ViVi」の国宝級イケメンランキングで殿堂入り。ジャニーズの「永久ベストジーニスト」(一般選出部門で3回受賞)には1998年のキムタクをはじめ、2010年のKAT-TUN・亀梨和也(35)、13年の嵐・相葉雅紀(38)らがおり、〝2冠〟に狙いを定めた。

系統が異なるタイプを20~30着ほど持ち、1日に2、3回履き替えることもある程のジーンズ好き。事務所の先輩たちのコーディネートを盗むタイプだと明かし、殿堂入りしたKis-My-Ft2・藤ヶ谷太輔(34)の名前を挙げて「男らしい着方に憧れがある。機会があれば相談してみたい」と貪欲だ。

授賞式ではロングコートにジーンズを合わせ、白いロールアップ部分をアクセントにおしゃれな着こなしを披露。YouTubeチャンネルのデニムを極める企画「東野デニム」が話題を呼び、協議会選出部門を受賞したタレント、東野幸治(54)から「バラエティー番組でデニム談議をしたい」と公開オファーされると、「デニム好きの(キンプリの)神宮寺(勇太)と3人でお話ししたい」と喜んだ。

殿堂入りへの一歩も「栄えある賞に恥じないように」と浮かれることなく、アイドル界でも歴史に残る存在を目指す。

★新木優子「ジーンズは相棒」 女優、新木優子(27)は永瀬とともに一般選出部門を初受賞。ブーツカットのジーンズに肌を露出したシャツを合わせ、「ジーンズは相棒のような存在。勝負服で履くときもある」とほほ笑んだ。東野は「吉本のデニムキングはダウンタウンの浜田(雅功)さん。受賞を報告してビンタされるのが一連の流れかな」と妄想していた。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 鬼束ちひろ「救急車蹴って逮捕」発端は「パチンコ店での友人のけいれん」だった

  3. 板野友美インスタ更新「何にも変えられない心の支え」 ヤクルト・高橋奎二と結婚

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 「いちゃもん、うっとうしい」吉村知事が枝野氏を痛烈批判