ヤクルト、石川で日本一王手 41歳10カ月しびれた!セ投手ではシリーズ最年長勝利

サンスポ
石川は直球に多彩な変化球を織り交ぜる投球で、オリックス打線に的を絞らせなかった(撮影・今野顕)
石川は直球に多彩な変化球を織り交ぜる投球で、オリックス打線に的を絞らせなかった(撮影・今野顕)
高津監督は石川(手前)をグータッチで迎えた(撮影・松永渉平)
高津監督は石川(手前)をグータッチで迎えた(撮影・松永渉平)

プロ野球の日本一を決める「SMBC日本シリーズ2021」は24日、東京ドームで第4戦が行われ、6年ぶりにセ・リーグを制したヤクルトが2―1でパ王者のオリックスに勝利し、3勝1敗で20年ぶりの日本一に王手をかけた。41歳10カ月の石川雅規投手が6回3安打1失点(自責点0)と好投。セ・リーグ投手ではシリーズ最年長の勝利投手となった。高津臣吾監督は25日が53歳の誕生日。バースデー白星で日本一を飾る。

大きく、温かな拍手を全身で感じた。プロ20年目、41歳の石川が日本シリーズ初勝利。満面の笑みで喜びをかみしめた。

「いろいろな(節目の)一勝は重いけど、ここで勝つことができて自分自身に『良かったね』と言ってあげたい」

石川らしく低く、広く。高低、両コーナーを使った熟練の投球術を披露した。直球の最速は136キロだったが、多彩な変化球と高い制球力が武器。パ・リーグには珍しいタイプの左腕が、オリックス打線を幻惑した。

鍵となったのは立ち上がり。一回1死一塁で3、4番を迎えた。吉田正を外角スライダーで空振り三振、杉本もスライダーで中飛に。「乗っていける要因になった」。青学大の後輩を打ち取り、リズムに乗った。

40代(石川は41歳10カ月)の白星は、日本シリーズが初めて開催された1950年に42歳8カ月で記録した毎日・若林忠志以来2人目。2002年の巨人・工藤公康の39歳5カ月を抜いてセ・リーグ最年長記録に。「年齢は関係ない。マウンドに上がったらルーキーのつもりで投げている」という現役最多、通算177勝(通算176敗も現役最多)のベテランが新たな1勝を手にした。

先輩、指導者、指揮官としてお世話になってきた高津監督へ、最高のプレゼントとなった。25日に53歳の誕生日を迎える高津監督。現役時代から苦楽を共にし、多くを学んできた石川が〝前祝い〟となる好投を見せた。

「高津監督を優勝監督にしたい」

就任時から、石川はずっと思っていた。昨年3月。開幕投手に決まった際、無料通話アプリ、LINEで送られてきた「監督になったときから開幕は石川で行くと決めていた」というメッセージは今でも忘れない。

節目で熱い言葉をかけてくれる。今季は不調で開幕2軍スタート。今季初登板となった4月16日の阪神戦は5回2失点で敗戦投手に。再び2軍降格が告げられた際に「絶対に必要だから。力になってもらうから。頑張ってきてくれ」という言葉を胸に刻んだ。

「その言葉だけでうれしかった。文句を言われないような成績を残して上に呼んでもらえるように頑張ろうと思えた」

2軍調整中も励ましのメッセージは届いた。もう一度心を奮い立たせた石川は「『絶対大丈夫』という気持ちでマウンドに上がった」と高津監督が発したおなじみのフレーズを用いて、2015年には2戦2敗した大舞台で奮闘した。

指揮官は「大きな舞台で本当に彼らしい投球をしてくれた」と目を細め、誕生日に日本一を決めるチャンスを得て「勝つのみ。全力で戦いたい」と決意表明。石川にとっても初めてとなる20年ぶりの日本一へ、大きな1勝をつかんだ。(赤尾裕希)

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で

  4. 無免許当て逃げの木下都議、シャネルに「胸元ガバガバ」赤ワンピで登場の強メンタル

  5. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は