東京機械、買収防衛を中止 攻防戦に幕、なお火種

産経ニュース
東京機械製作所の臨時株主総会会場に到着した、アジア開発キャピタルのアンセム・ウォン社長(右)=10月22日午後、東京都港区
東京機械製作所の臨時株主総会会場に到着した、アジア開発キャピタルのアンセム・ウォン社長(右)=10月22日午後、東京都港区

新聞輪転機メーカーの東京機械製作所は25日、大株主で投資会社のアジア開発キャピタルに対する買収防衛策の発動を中止すると発表した。アジア開発が約束した株式保有比率の引き下げ方針を確認し、防衛策は必要なくなったと判断した。今夏に始まった買収攻防戦は幕引きとなるが、アジア開発の大株主の立場は変わらず対立の火種は残る。

アジア開発は来年2月末までに株式を売却し、保有比率を現状の約40%から、東京機械が求める32・72%まで引き下げるとしている。引き下げ後にTOB(株式公開買い付け)など大規模な買い付けを実施しない考えも示した。合併など重要事項に対する拒否権を失う3分の1未満になるものの、東京機械の大株主として影響力を維持する。

  1. ウイグル人元収容女性、性的暴行や虐待の実態を証言

  2. “異常判断”連発の韓国司法 いわゆる「元徴用工訴訟」で国際ルール無視…文大統領が恐れる日本の報復 松木氏「甘えた判断は世界に恥をさらす」

  3. 「オミクロン株」習主席の野望粉砕か アフリカで変異発生…「ワクチン外交」が裏目に 「外交的ボイコット」に拍車、北京五輪に暗雲

  4. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人

  5. 朝ドラあすの「カムカムエヴリバディ」12月8日第28話あらすじ 初めて生の英会話を交わした安子だったが…