ヤクルト、マクガフが痛恨被弾 山田&村上アベック弾も高津監督はバースデー日本一ならず

サンスポ
SANSPO ヤクルト 日本シリーズ5試合目 20211125
SANSPO ヤクルト 日本シリーズ5試合目 20211125
その他の写真を見る (1/19枚)

(SMBC日本シリーズ2021、ヤクルト5-6オリックス、ヤクルト3勝2敗、25日、東京D)日本一に王手をかけるヤクルトは競り負け、対戦成績は3勝2敗となった。同点の九回に登板した守護神のスコット・マクガフ投手(32)が、オリックス先頭の代打・ジョーンズに痛恨の左越えソロ弾を浴び、勝ち越された。高津臣吾監督は53歳の誕生日を日本一で飾れなかったが、27日の第6戦(ほっと神戸)に向け、必勝態勢を整える。

ヤクルトは四回に村上がシリーズ2号となるソロ本塁打、山田が八回に左越え特大3ランを放つなど打線が上向いている。負傷から復帰したヤクルト・原樹理が先発を託され、5回⅔を6安打2失点(自責点1)と力投した。


  1. ウイグル人元収容女性、性的暴行や虐待の実態を証言

  2. “異常判断”連発の韓国司法 いわゆる「元徴用工訴訟」で国際ルール無視…文大統領が恐れる日本の報復 松木氏「甘えた判断は世界に恥をさらす」

  3. 「オミクロン株」習主席の野望粉砕か アフリカで変異発生…「ワクチン外交」が裏目に 「外交的ボイコット」に拍車、北京五輪に暗雲

  4. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人

  5. 朝ドラあすの「カムカムエヴリバディ」12月8日第28話あらすじ 初めて生の英会話を交わした安子だったが…