ベンチ総立ち! ヤクルト・山田哲人の特大3ランで涙するファンも

サンスポ
8回 3点本塁打を放った山田哲人を迎えるヤクルトベンチ=東京ドーム(撮影・福島範和)
8回 3点本塁打を放った山田哲人を迎えるヤクルトベンチ=東京ドーム(撮影・福島範和)

(SMBC日本シリーズ2021、ヤクルト-オリックス、25日、東京D)ヤクルト・山田哲人内野手(29)が2―5の八回に同点3ランを放った。3点を追う八回。塩見、青木が連続四球で一、二塁の好機をつくり、山田が打席へ入った。カウント3―1からの5球目、134キロチェンジアップをフルスイング。左中間席上段へ放り込む特大の一発に、ゆったりと一塁へ歩み出し、ベンチに向かって右拳を握った。

勝てば20年ぶりの日本一が決まる一戦。この打席前まででシリーズ2安打、打点0と抑え込まれていた主将が一振りで流れを変え、ベンチは総立ちで飛び出して出迎えた。スタンドには感激のあまり涙するファンの姿も。値千金のアーチで試合を振り出しに戻した。

  1. ウイグル人元収容女性、性的暴行や虐待の実態を証言

  2. “異常判断”連発の韓国司法 いわゆる「元徴用工訴訟」で国際ルール無視…文大統領が恐れる日本の報復 松木氏「甘えた判断は世界に恥をさらす」

  3. 「オミクロン株」習主席の野望粉砕か アフリカで変異発生…「ワクチン外交」が裏目に 「外交的ボイコット」に拍車、北京五輪に暗雲

  4. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」