阪神2年目・西純矢が1250万円でサイン 「来年は1軍に定着して10勝」

サンスポ
契約更改を終え、会見に臨む阪神・西純=甲子園球場(代表撮影)
契約更改を終え、会見に臨む阪神・西純=甲子園球場(代表撮影)

阪神・西純矢投手(20)が25日、西宮市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、50万円アップの年俸1250万円(金額は推定)でサインした。

「初勝利をすることはできたのですが、やっぱり1軍に定着することができずに、シーズン後半の優勝争いをしているところでチームに貢献することができなかった。悔しいシーズンだったなと思います」

高卒2年目の今季は5月19日のヤクルト戦(甲子園)でプロ初登板&初勝利をマーク。2試合に投げ1勝1敗、防御率3・38だった。

ヤクルト・奥川、オリックス・宮城の同世代の投手は1軍ローテに定着し、日本シリーズを戦っている。負けるわけにはいかない。オフは課題の制球力を磨くため、フォーム固めに取り組むつもりだ。

「来年は1軍に定着して、10勝を挙げられるような活躍ができたらいいなと思います」。未来の虎のエースは、大きな目標を胸に誓った。


  1. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も

  2. コロナ禍で分かった会社の「無くてよかったもの」 「社内イベント」や「定時勤務」を抑え1位になったのは?

  3. 広島・長野、約8000万円の超高級車で球場入り「最高です」

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走