スバル新型「WRX」公開 “激辛一辺倒”から軽快なスポーツドライビングへ

SankeiBiz

スバルが新型「WRX S4 STIスボーツR」を公開。プロトタイプながら、早速試乗が許された。生産モデルとスペックに違いはない。刺激的な走りと、実用性を兼ね備えた新世代のAWDパフォーマンスが印象的だった。

スバルの新型「WRX S4 STIスボーツR」
スバルの新型「WRX S4 STIスボーツR」


熱く激しいDNAを継いだ4代目

WRXのルーツは1992年にデビューした「インプレッサWRX」に遡る。水平対向4気筒2リッターターボエンジンを搭載し、スバルが伝統的に得意としていたAWD駆動システムと合体。刺激的な走りを披露した。

時に日本は、ハイパワーAWDウォーズの最中。1989年に誕生した日産スカイライン「GT-R」は直列6気筒2.6リッターツインターボを搭載、4輪を駆動。最大のライバルである三菱「ランサー・エボリシューション」は、インプレッサWRXと同様に、直列ながら4気筒2リッターターボをAWDと合体。速さを競った。戦いのステージは、WRC(世界ラリー選手権)であり、スーパー耐久選手権であった。競技仕様だけではなく、市販状態の速さも衆目の対象で、ニュルブルクリンクや筑波サーキットのラップタイムでも僅差のシーソーゲームを展開していたのだ。

実は僕は、サーキットではランサーエボリューションのドライバーとして戦いながら、一方でインプレッサWRXのニュルブルクリンクタイムアタックに挑んでいる。という熱く激しい世界をルーツにもつWRXは、このモデルでついに4代目となる。DNAは裏切られることなく傾注されている。

  1. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  2. 2月6日スタート!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」第19週あらすじ 悠人(横山裕)は音信不通、IWAKURAには報道陣が集まり…

  3. NHK「舞いあがれ!」第19週、インサイダー疑惑の悠人(横山裕)「倒れた!」朝ドラファン悲鳴…貴司(赤楚衛二)を尋ね秋月史子(八木莉可子)登場

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」久留美(山下美月)の破局に「別れて正解」「悠人と幸せになってください」