レヴォーグに2.4L「STI」モデル登場! “スバリスト”は「コッチが本命」「最強やんけ」「貯金しよ」と大興奮

iza

ファンは「おわ!2.4ターボのレヴォーグ…出た…!」「めっちゃ欲しいやん」「最強やんけ」などと大興奮。待望の排気量アップに「レヴォーグ年改で2.4ターボモデル出るんか!というかコッチがたぶん本命よね」「まぁ本命はこちらレヴォーグ2.4DITであろうw」などと沸き立っている。

1.8リットルと2.4リットルの「STI」モデルの価格差は約70万円。「2.4リッター追加キター!!だけどお高いの」「やっぱ高すぎぃ!笑 大人しく1.8LのSTIにしとこうか」「トランスミッションも変わって魅力が大幅アップ!! …したのはいいけど価格も70万円の大幅アップ。これ、サンルーフ付いた1.8Lとどっち選ぶのが正解だ?」などと、頭を悩ませるユーザーが相次いでいる。

ほかにも「乗り出し500万超えてくるのすごい」「値段考えると外車が視野に入ってきちゃうね」といった反応が多いが、なかには「遂にレヴォーグB型が発表されたか! 貯金しよ」と購入に向けて動き始める人や、「レヴォーグ2.4L買ったけど、4月までお待ちとな」と納車待ちを報告する人もいる。

この日は同社の高性能スポーツセダン「WRX S4」の新型モデルが発表されたこともあり、「新型WRX顔がほぼレヴォーグと一緒やん」「新型WRX S4にあわせてレヴォーグにも2.4ターボ搭載って流れかね?」といった反応も多く見られた。

  1. ウイグル人元収容女性、性的暴行や虐待の実態を証言

  2. “異常判断”連発の韓国司法 いわゆる「元徴用工訴訟」で国際ルール無視…文大統領が恐れる日本の報復 松木氏「甘えた判断は世界に恥をさらす」

  3. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人

  4. 「オミクロン株」習主席の野望粉砕か アフリカで変異発生…「ワクチン外交」が裏目に 「外交的ボイコット」に拍車、北京五輪に暗雲

  5. 朝ドラあすの「カムカムエヴリバディ」12月8日第28話あらすじ 初めて生の英会話を交わした安子だったが…