レヴォーグに2.4L「STI」モデル登場! “スバリスト”は「コッチが本命」「最強やんけ」「貯金しよ」と大興奮

iza
スバル・レヴォーグの「STI Sport R EX」
スバル・レヴォーグの「STI Sport R EX」

SUBARU(スバル)は25日、人気ステーションワゴン「レヴォーグ」に2.4リットル直噴ターボエンジンを搭載したハイパフォーマンスモデル「STI Sport R」を発表した。

これまでの1.8リットルモデルに加えて、新開発の2.4リットル直噴ターボ「DIT」エンジンを搭載した高性能モデルがラインアップに追加された。「STI Sport R」は、走りの性能をさらに高めた圧倒的なパフォーマンスが特徴。275馬力・375Nmを誇るなど、力強い加速感が高回転域まで伸び続ける2.4リッターエンジンの特性を生かし、日常での扱いやすさはもちろん、スポーティーなドライビングも思いのままに楽しむことができるという。

新エンジンに合わせて開発した「スバルパフォーマンストランスミッション」は、素早い変速や応答性の良さを持ち味としており、ドライバーの意思に忠実に応える“操る楽しさ”を深化させているそうだ。

駆動方式はAWD(常時前輪駆動)で、燃費はWLTCモードで11キロ/リッター。スバル独自の運転支援システム「アイサイト」を搭載しており、価格は税込み438万9000円。より高性能な「アイサイトX」を装備した「STI Sport R EX」は同477万4000円となる。

この発表を受け、スバルを愛する“スバリスト”を中心に自動車ファンが即座に反応。ヤフーのリアルタイム検索では「レヴォーグ」が上位にランク入りした。

  1. ウイグル人元収容女性、性的暴行や虐待の実態を証言

  2. “異常判断”連発の韓国司法 いわゆる「元徴用工訴訟」で国際ルール無視…文大統領が恐れる日本の報復 松木氏「甘えた判断は世界に恥をさらす」

  3. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人

  4. 「オミクロン株」習主席の野望粉砕か アフリカで変異発生…「ワクチン外交」が裏目に 「外交的ボイコット」に拍車、北京五輪に暗雲

  5. 朝ドラあすの「カムカムエヴリバディ」12月8日第28話あらすじ 初めて生の英会話を交わした安子だったが…