湯川博士の邸宅から書画や講義ノート 3千点超す遺品

記事に戻る記事に戻る