DeNA史上最大の大型契約!!宮崎6年総額12億円で〝生涯ハマ宣言〟

サンスポ
6年12億円(推定)の契約で闘志を燃やす宮崎敏郎 =25日、横浜市中区(代表撮影)
6年12億円(推定)の契約で闘志を燃やす宮崎敏郎 =25日、横浜市中区(代表撮影)

DeNA・宮崎敏郎内野手(32)が25日、横浜スタジアムで契約更改交渉に臨み、6年総額12億円プラス出来高払いでサインした。今季取得した国内フリーエージェント(FA)権を行使せず、チームに残留。現監督の三浦大輔に並ぶ球団史上最大の大型契約で〝生涯横浜〟を宣言したハマの安打製造機が、愛するチームを優勝へと導く。

■決意新たに32歳「一年一年勝負」 〝生涯横浜〟を誓った背番号「51」に、DeNAも最大限の誠意を示した。宮崎が6年総額12億円プラス出来高払いでサイン。異例の大型契約を結んだ32歳が、決意を新たにした。

「本当にすごい契約をしてもらったなと。より一層頑張らないといけない。6年契約ですが、僕の中では一年一年勝負の年だと思っている。今年の悔しい思いを忘れずにやっていきたい」

9年目の今季、開幕直後は外国人不在の中で厳しいマークを受けながらも、141試合に出場し打率・301、16本塁打、73打点。16年のレギュラー定着後、6年で4度目となる打率3割をクリアした。

■通算100発達成し節目10年目へ 9月29日のヤクルト戦(神宮)では、プロ野球史上304人目となる通算100本塁打を達成。大卒、社会人経由の選手では通算9人目、球団初の快挙となった。

「もっとできた部分もあるし、疲れてバットを振れなかった時期もあったので、何とかオフに体力をつけられるように」

節目の10年目を迎える来季へ、オフは例年通りに同じ三塁手のソフトバンク・松田の合同自主トレに参加予定。「走るメニューがすごく多いので、しっかり体力アップしたい」と24年ぶりの日本一を目指すチームへの貢献を誓った。(浜浦日向)

  1. ウイグル人元収容女性、性的暴行や虐待の実態を証言

  2. “異常判断”連発の韓国司法 いわゆる「元徴用工訴訟」で国際ルール無視…文大統領が恐れる日本の報復 松木氏「甘えた判断は世界に恥をさらす」

  3. 「オミクロン株」習主席の野望粉砕か アフリカで変異発生…「ワクチン外交」が裏目に 「外交的ボイコット」に拍車、北京五輪に暗雲

  4. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人

  5. 朝ドラあすの「カムカムエヴリバディ」12月8日第28話あらすじ 初めて生の英会話を交わした安子だったが…