大津妹暴行死 母親を麻薬使用の疑いで再逮捕

産経ニュース
滋賀県警察本部=大津市
滋賀県警察本部=大津市

大津市で8月、無職少年(18)が留守がちの母親に代わって面倒を見ていた小学1年の妹=当時(6)=に暴行を加え、死亡させた事件で、滋賀県警は25日、麻薬取締法違反(使用)容疑で兄妹の母親(41)を再逮捕した。「使用していない」などと容疑を否認している。

再逮捕容疑は7月下旬ごろから8月4日までの間、麻薬を使用したとしている。県警によると、尿検査で麻薬の「ケタミン」の陽性反応が出たという。

一方、大津地検は25日、大津市内の自宅で8月4日に、覚醒剤や大麻など複数の違法薬物を所持していたとして、覚醒剤取締法違反(所持)などの罪で母親を起訴した。

  1. ウイグル人元収容女性、性的暴行や虐待の実態を証言

  2. “異常判断”連発の韓国司法 いわゆる「元徴用工訴訟」で国際ルール無視…文大統領が恐れる日本の報復 松木氏「甘えた判断は世界に恥をさらす」

  3. 「オミクロン株」習主席の野望粉砕か アフリカで変異発生…「ワクチン外交」が裏目に 「外交的ボイコット」に拍車、北京五輪に暗雲

  4. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人

  5. 朝ドラあすの「カムカムエヴリバディ」12月8日第28話あらすじ 初めて生の英会話を交わした安子だったが…