大津妹暴行死 母親を麻薬使用の疑いで再逮捕

産経ニュース
滋賀県警察本部=大津市
滋賀県警察本部=大津市

大津市で8月、無職少年(18)が留守がちの母親に代わって面倒を見ていた小学1年の妹=当時(6)=に暴行を加え、死亡させた事件で、滋賀県警は25日、麻薬取締法違反(使用)容疑で兄妹の母親(41)を再逮捕した。「使用していない」などと容疑を否認している。

再逮捕容疑は7月下旬ごろから8月4日までの間、麻薬を使用したとしている。県警によると、尿検査で麻薬の「ケタミン」の陽性反応が出たという。

一方、大津地検は25日、大津市内の自宅で8月4日に、覚醒剤や大麻など複数の違法薬物を所持していたとして、覚醒剤取締法違反(所持)などの罪で母親を起訴した。

今、あなたにオススメ

izaスペシャル

  1. 藤井棋聖、棋聖戦第1局の地・ベトナムでフォーなどを味わう「おいしかったです」/将棋

  2. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. 石川佳純、モデルのような写真に「美しすぎる」と海外からも反応

  5. 豪雨避難の乗客に賞味期限切れ「五目ごはん」 JR西、非常食で配布

今、あなたにオススメ