ヤクルト・村上宗隆がシリーズ2号ソロ 追いつかれた直後の一発に「すぐに流れを持ってこれてよかった」

サンスポ
4回 本塁打を放ったヤクルト・村上宗隆=東京ドーム(撮影・長尾みなみ)
4回 本塁打を放ったヤクルト・村上宗隆=東京ドーム(撮影・長尾みなみ)

(SMBC日本シリーズ2021、ヤクルト-オリックス、25日、東京D)ヤクルト・村上宗隆内野手(21)が1―1の四回、先頭で左中間へ勝ち越しの2号ソロを放った。

「同点に追いつかれた直後だったのでチャンスメークしようという気持ちで打席に入りました。大振りせずコンパクトに打つことができました。すぐに流れを持ってこれたので良かったと思います」

同点に追いつかれた直後の攻撃だった。四回先頭で打席に入ると、カウント2―2からの5球目、143キロをフルスイング。弾丸ライナーで左中間席へ放り込み、一塁を回ったところで人さし指を突き上げ喜びを爆発させた。

村上は第1戦(京セラドーム)でも八回にヒギンスから2ラン。4試合ぶりのアーチで試合の流れを再び燕へ引き寄せた。

  1. ウイグル人元収容女性、性的暴行や虐待の実態を証言

  2. “異常判断”連発の韓国司法 いわゆる「元徴用工訴訟」で国際ルール無視…文大統領が恐れる日本の報復 松木氏「甘えた判断は世界に恥をさらす」

  3. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人

  4. 「オミクロン株」習主席の野望粉砕か アフリカで変異発生…「ワクチン外交」が裏目に 「外交的ボイコット」に拍車、北京五輪に暗雲

  5. 朝ドラあすの「カムカムエヴリバディ」12月8日第28話あらすじ 初めて生の英会話を交わした安子だったが…