「潜水艦カッペリーニ号の冒険」に元タカラジェンヌの愛希れいか出演決定 主演・二宮和也の思い人役で新春ドラマに華を添える

iza
新春ドラマ「潜水艦カッペリーニ号の冒険」への出演が決まった女優の愛希れいか(C)フジテレビ
新春ドラマ「潜水艦カッペリーニ号の冒険」への出演が決まった女優の愛希れいか(C)フジテレビ

フジテレビで来年1月3日午後9時から放送される二宮和也主演の新春スペシャルドラマ「潜水艦カッペリーニ号の冒険」(馬場康夫監督)に、元タカラジェンヌの愛希れいかが出演することが25日同局から発表された。

同作は、第二次世界大戦中に運命的な出会いを果たすことになる、厳格な日本海軍軍人と陽気なイタリア人たちの国境を超えた友情と恋を実話に基づいて描いた物語。構想から25年の時を経て、CG技術を駆使した壮大なスケールで映像化した。先日、二宮と有村架純の共演が発表され、大きな話題を呼んだ。

愛希は、二宮演じる日本海軍少佐・速水洋平(はやみ・ようへい)が思いを寄せる小学校の教師、鈴木香苗役を演じる。民放ドラマ初出演となる愛希は、宝塚歌劇団月組で実力派としてずば抜けた人気を誇り、娘役のトップを6年間務めた。宝塚退団後は、ミュージカル「エリザベート」のエリザベート役を演じ、12月からは舞台「泥人魚」への出演も控える中、現在放送中のNHK大河ドラマ「青天を衝け」にも出演し、女優としての活動の幅をさらに広げている。そんな愛希が魅せる高い演技力と、同作で初共演となる二宮との温かな恋模様は同作の注目ポイントとなっている。

愛希は台本を読んだ時の感想について、「戦時中のお話ですが、とてもコミカルに描かれているところもあり、面白くて、心温まるすてきな作品だな、と思いました」と強調。初共演となった二宮との演技については「ものすごく堅物の速水がどんどんイタリアの方々と打ち解けていく様子などが、ほほえましく、心にじーんときました」と話した。

新春ドラマ「潜水艦カッペリーニ号の冒険」への出演が決まった(左から)ペッペ、ベリッシモ・フランチェスコ、パオロ(C)フジテレビ
新春ドラマ「潜水艦カッペリーニ号の冒険」への出演が決まった(左から)ペッペ、ベリッシモ・フランチェスコ、パオロ(C)フジテレビ

また、物語の鍵を握るイタリア人水兵役として、漫画家でモデルのペッペ、料理研究家のベリッシモ・フランチェスコ、オペラ歌手のパオロが出演することも合わせて発表された。ペッペは、コミック誌「ビックコミックスピリッツ」で、漫画家として自身の生活を題材にしたコメディー作品を連載し、話題を集めている。さらにモデルとしても、雑誌・CMなどに出演しマルチに活動。ベリッシモは、イタリア料理研究家としてだけでなく、現在3本の出演番組を抱えるタレントとしても大人気だ。そして、「じゃあいいですぅ」のフレーズでおなじみの「AirPAY」のCMで強い印象を残したパオロは、オペラで培った持ち前の表現力を生かし、映画やバラエティー番組など幅広いシーンで活躍している。

全員オーディションで選んだというホイチョイ・プロダクションズの馬場監督は、3人のことを「やる気もあって、3人がいると現場の雰囲気が明るくなる。ベリッシモはシャレ好きで冗談好き。パオロはオペラ歌手なので、彼が紹介してくれたイタリアの曲を採用しました」とコメント。そしてペッペに対しては、「お芝居は未知数でしたが、ビビッときて決めました。現場ではしっかり感情をお芝居にぶつけてくれて、素晴らしかったです」と絶賛。さらに「イタリア語の翻訳はペッペがしてくれました。漫画家なのでセリフのニュアンスがよく分かっていて、現場では二宮さんにイタリア語のセリフを伝えてくれるなど、とても頼りになる存在でした」と語った。全身全霊で臨んだ3人の体当たり演技と、陽気でユーモアたっぷりなイタリア人ならではの楽しい掛け合いも、見どころの一つと言えるだろう。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 「不公平だ」 10万円相当給付決定、子育て世帯も不満

  4. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は

  5. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病