申告漏れ所得5577億円 コロナ影響3割減

産経ニュース
国税庁=東京都千代田区霞が関
国税庁=東京都千代田区霞が関

国税庁は25日、令和2事務年度(昨年7月~今年6月)の所得税などの調査で、所得の申告漏れの総額が前年度に比べ29・3%減の5577億円だったと発表した。同庁は「新型コロナウイルス禍で、電話や文書ではなく訪問して調査する件数が減った影響ではないか」とした。高所得者ら「富裕層」1件当たりの申告漏れは2259万円で、富裕層対象の統計を始めた平成21年度以降で最高額。

個人事業主で1件当たりの申告漏れが高額だった業種ランキングは、1位のプログラマー(4927万円)、3位の内科医(3339万円)など上位として珍しい業種が入った。元年度まで23年連続で10位以内だった風俗業は調査件数が少なく、ランキング対象から外れた。個人事業主の消費税の申告漏れなどは前年度比8・9%増の4万9千件、追徴税額は同40・8%減の180億円。

  1. ウイグル人元収容女性、性的暴行や虐待の実態を証言

  2. “異常判断”連発の韓国司法 いわゆる「元徴用工訴訟」で国際ルール無視…文大統領が恐れる日本の報復 松木氏「甘えた判断は世界に恥をさらす」

  3. 「オミクロン株」習主席の野望粉砕か アフリカで変異発生…「ワクチン外交」が裏目に 「外交的ボイコット」に拍車、北京五輪に暗雲

  4. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人

  5. 朝ドラあすの「カムカムエヴリバディ」12月8日第28話あらすじ 初めて生の英会話を交わした安子だったが…