慶大・下山が劇的サヨナラ2ラン 神奈川大を下し〝四冠〟へあと1勝/明治神宮大会

サンスポ
9回、サヨナラ2ランを放つ慶応大・下山悠介=神宮球場(撮影・桐原正道)
9回、サヨナラ2ランを放つ慶応大・下山悠介=神宮球場(撮影・桐原正道)

明治神宮大会(慶大6×-4神奈川大、24日、大学の部準決勝、神宮)慶大(東京六大学)は4-4で迎えた九回1死三塁で、3番・下山悠介内野手(3年)が神奈川大(関東第2代表)の右腕・神野竜速投手(3年)の直球を捉え、高々と上げた右翼への飛球がスタンドに飛び込むサヨナラ2ランとなった。

ホームインした下山を迎え入れ、決勝進出を決めた慶大ナインは春秋のリーグ戦、全日本大学野球選手権を制覇。この大会で優勝すると東京六大学勢として初の〝四冠〟となる。

9回、サヨナラの2点本塁打を放ち生還する慶応大・下山悠介=神宮球場(撮影・桐原正道)
9回、サヨナラの2点本塁打を放ち生還する慶応大・下山悠介=神宮球場(撮影・桐原正道)

あと1勝に迫る殊勲のアーチをを放った下山は「打ったのはイン(コース)の真っすぐ。今大会、当たりが出ていない中で1本出てよかった。(決勝は)勝っても負けても最後で、優勝したい。集大成にしたい」と闘志を燃やした。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 無免許当て逃げの木下都議、シャネルに「胸元ガバガバ」赤ワンピで登場の強メンタル

  4. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で

  5. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は