小林直己 初著書「まさかこんな日が来るとは」

サンスポ
初著書「選択と奇跡 あの日、僕の名字はEXILEになった」の発売記念会見を行った小林直己
初著書「選択と奇跡 あの日、僕の名字はEXILEになった」の発売記念会見を行った小林直己

EXILEで三代目 J SOUL BROTHERSのパフォーマー、小林直己(37)が24日、東京都内で初著書「選択と奇跡 あの日、僕の名字はEXILEになった」(文藝春秋、税込み1980円)の刊行記者会見を行った。

人生の軌跡をたどる自伝的エッセーで、「初めての書籍を発売することができて、まさかこんな日が来るとは。不思議な気持ち」と感慨深げ。

執筆について「本当に苦しかった。ライブから帰ってきて書いたり、ライブ先のホテルで書いたり、踊りと違うエネルギーの出し方で大変でした」と苦笑い。同書について「文章としては70点、中身としては200点」とはにかんだ。

EXILEや三代目JSBのメンバーにも書籍を渡したといい、「TAKAHIROがタイトルを見て『直己、もう名字EXILEじゃないじゃん』って。(芸名を)EXILE NAOKIから小林直己に変えたので、まっすぐな突っ込みがきました」と笑った。

今年1年を漢字1文字で「己」と表現し、「直己の己。変化した自分を楽しんでもらえたかなと思う」と振り返った。

タイトルにちなみ、「最近起きた奇跡」についての質問には「メンディーが引っ越すといって見つけた家が、僕(が引っ越そうと探した家)と同じ家でした。すごい嫌だなって思った(笑)。全くの偶然です」と明かして驚かせた。

  1. 鬼束ちひろ「救急車蹴って逮捕」発端は「パチンコ店での友人のけいれん」だった

  2. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  3. イザ!編集部座談会:朝ドラ「カムカムエヴリバディ」気になる役者は?今後の展開も予想!

  4. 【衝撃事件の核心】飛び降りの巻き添えになった女子大生と遺族の理不尽の代償

  5. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走