「優しい子」 中学校で刺され死亡の中3 知人ら悼む

産経ニュース
中学3年の男子生徒が同級生に刺された愛知県弥富市の市立中学校に入る捜査員ら=24日午後3時35分、愛知県弥富市(恵守乾撮影)
中学3年の男子生徒が同級生に刺された愛知県弥富市の市立中学校に入る捜査員ら=24日午後3時35分、愛知県弥富市(恵守乾撮影)

愛知県弥富市の市立中で24日朝、腹部を刺され、死亡した3年の男子生徒(14)は、スポーツが得意で優しい少年だったという。学校内での凶行の犠牲になったことに、知人らからは「信じられない」と困惑の声が上がった。

「あいさつもちゃんとするし、いい子だった」。近くに住む農業の男性(78)は、生徒についてこう振り返る。

男性は、生徒が幼いころから祖母を手伝って畑仕事をしているのをよく見かけた。スポーツが得意で、休日になると、父や兄弟たちと小学校の校庭でサッカーをしていたという。「下校途中にも会ったことがあるが友達と一緒で楽しそうだった。学校でトラブルがあったとか、そんな話は聞いたことがない」と話した。

一方、生徒と同級生の息子を持つ女性は、「学校から帰ってきた息子は顔色が悪く、事件がとてもショックだったみたいだ。(生徒を)『優しい子だった』と言っていた」と打ち明け、「田舎の穏やかな学校で、少人数で先生と生徒も仲良し。いじめは聞いたことなかったのに」と肩を落とした。

中3、教室で倒れ血まみれに 逮捕の生徒は抵抗せず

  1. ウイグル人元収容女性、性的暴行や虐待の実態を証言

  2. “異常判断”連発の韓国司法 いわゆる「元徴用工訴訟」で国際ルール無視…文大統領が恐れる日本の報復 松木氏「甘えた判断は世界に恥をさらす」

  3. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人

  4. 「オミクロン株」習主席の野望粉砕か アフリカで変異発生…「ワクチン外交」が裏目に 「外交的ボイコット」に拍車、北京五輪に暗雲

  5. 朝ドラあすの「カムカムエヴリバディ」12月8日第28話あらすじ 初めて生の英会話を交わした安子だったが…