藤井四冠、王将リーグで初黒星も渡辺王将挑戦に「熱戦にできれば」

サンスポ
藤井聡太四冠は、大好きな電車の切符を模した〝挑戦券〟を会見で渡され、のぞき込んだ=24日、東京・千駄ケ谷
藤井聡太四冠は、大好きな電車の切符を模した〝挑戦券〟を会見で渡され、のぞき込んだ=24日、東京・千駄ケ谷

将棋の藤井聡太四冠(19)=棋聖・竜王・王位・叡王=は24日、東京・千駄ケ谷の将棋会館で指された第71期王将戦挑戦者決定リーグ最終戦で、永瀬拓矢王座(29)に101手で敗れ、同リーグで今期初黒星。5勝1敗で終えた。

終局後は会見に臨み、「手堅く受けられて、反省点が多い内容だった」と悔しさをのぞかせたが、前局で首位を確定して渡辺明王将(37)=名人・棋王=への挑戦権を獲得しており、「全体としては自分の実力以上の結果が出せたと感じています」とも口にした。

この日は来年1月9、10日に静岡県掛川市で開幕する七番勝負の全日程も発表された。渡辺王将との番勝負は通算3度目で、今回は初めて2日制の戦いになるが、「作戦巧者という印象があるので、そこで差をつけられずに熱戦にできれば」と決意も表明した。

最年少5冠の期待がかかる19歳は「年少記録は現時点では全く意識することではない」ときっぱり。それでも会見の撮影時に、大好きな鉄道の切符を模した〝挑戦券〟を手渡されると、思わずのぞきこんで表情を和らげた。(丸山汎)

  1. ウイグル人元収容女性、性的暴行や虐待の実態を証言

  2. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人

  3. “異常判断”連発の韓国司法 いわゆる「元徴用工訴訟」で国際ルール無視…文大統領が恐れる日本の報復 松木氏「甘えた判断は世界に恥をさらす」

  4. 「オミクロン株」習主席の野望粉砕か アフリカで変異発生…「ワクチン外交」が裏目に 「外交的ボイコット」に拍車、北京五輪に暗雲

  5. 朝ドラあすの「カムカムエヴリバディ」12月8日第28話あらすじ 初めて生の英会話を交わした安子だったが…