ヒステリック・ブルー元メンバーに実刑判決 強制わいせつ未遂で

産経ニュース
さいたま地裁=埼玉県さいたま市
さいたま地裁=埼玉県さいたま市

埼玉県朝霞市の路上で20代女性の体を触ろうとしたとして、強制わいせつ未遂罪に問われた人気バンド「ヒステリック・ブルー」(解散)の元メンバー、二階堂直樹被告(42)=甲府市=に、さいたま地裁は24日、懲役1年2月(求刑懲役1年6月)の判決を言い渡した。

任介辰哉裁判官は判決理由で、被告が近くの路上にバッグを置いて女性に近づいたことなどから「ある程度継続して触ろうとしたと推認できる」と指摘。「与えた恐怖は大きく、犯行態様は悪質だ」と述べた。 言い渡し後、任介裁判官は被告に対し、事件後に性犯罪の再犯を防ぐ治療プログラムに取り組んでいる点を評価すると述べ「更生に向けた努力の方向は間違っていない」と説諭した。

判決によると、二階堂被告は昨年7月6日午前2時10分ごろ、帰宅途中の女性の背後から口をふさぎ、服の上から胸を触ろうとしたが、抵抗されて目的を遂げなかったとしている。

これまでの公判で弁護側は、一瞬胸に触れて逃げる意図だったとし、県迷惑防止条例違反罪が相当だと主張していた。

  1. 「カムカムエヴリバディ」るいも稔に会いたい? 初めてしゃべった言葉に「SixTONES絡めてくる粋な計らい」「稔さん、いつ帰って来てもいいんだよ」

  2. 【衝撃事件の核心】16歳少女がリアルに見た「同級生の遺体」 バーチャルな罵倒の末に…

  3. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  4. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘

  5. 【脳神経外科が明かす「脳の病気とケガ」最新事情】脳卒中の予兆として覚えておきたい「FAST」とは