年末ジャンボ宝くじ発売 1等と前後賞で10億円

産経ニュース
発売された年末ジャンボ宝くじを買い求める人たち=24日午前、東京・銀座
発売された年末ジャンボ宝くじを買い求める人たち=24日午前、東京・銀座

1等と前後賞合わせて10億円が当たる年末ジャンボ宝くじが24日、発売された。1枚300円で、12月24日まで購入できる。抽せんは大みそかに東京オペラシティコンサートホール(東京都新宿区)で行われる。

全国屈指の売り上げがある東京・銀座の西銀座チャンスセンターでは、午前8時半の販売開始前から、約300人が列をつくった。100枚購入した東京都町田市の無職、永岡精二さん(82)は「当たったら、趣味のゴルフや盆栽に使いたい。コロナで暗い話題も続くし、年の瀬くらい夢を見て、幸せな気持ちになりたい」と話した。

年末ジャンボは、22ユニット(1320億円)を発売予定で、当せん金が7億円の1等は22本、1億5千万円の1等の前後賞は44本、1千万円の2等が88本。

同時発売される年末ジャンボミニ(1枚300円)は15ユニット(450億円)を発売予定で、当せん金が3千万円の1等は60本、1千万円の1等の前後賞は120本、5万円の2等が3万本。

  1. ウイグル人元収容女性、性的暴行や虐待の実態を証言

  2. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人

  3. “異常判断”連発の韓国司法 いわゆる「元徴用工訴訟」で国際ルール無視…文大統領が恐れる日本の報復 松木氏「甘えた判断は世界に恥をさらす」

  4. 「オミクロン株」習主席の野望粉砕か アフリカで変異発生…「ワクチン外交」が裏目に 「外交的ボイコット」に拍車、北京五輪に暗雲

  5. 朝ドラあすの「カムカムエヴリバディ」12月8日第28話あらすじ 初めて生の英会話を交わした安子だったが…